WindowsにApacheを簡単にインストールする方法

WindowsにApacheを簡単にインストールする方法

Posted at January 24,2014 1:55 AM
Tag:[Apache, PHP, Windows]

Windowsでは、XAMPPや最近流行のVagrantで手軽にWeb開発環境を構築することができますが、ここではそういったものが何らかの理由により利用できないケースを想定し、Apacheを単体でインストールするという、シンプルな環境を構築する方法を紹介します。

Windowsにzip形式のApacheをインストールする方法

また、本エントリーで紹介する方法であれば、PHPのバージョンを考慮した環境を構築することも可能です。

1.はじめに

今回紹介するWindows版Apacheは「Apache Lounge」というところで公開されています。

Apache Lounge
Apache Lounge

「Apache Lounge」は10年以上、最新のWindowsバイナリと一般的なサードパーティモジュール提供してきた権威あるサイトで、多くの商用ソフトウェアでこのサイトのバイナリやモジュールがパッケージされているようです。

ここで配布されているApacheはzip形式なので、ダウンロードしたアーカイブを展開するだけで利用可能な状態になります。

また、ApacheでPHPを利用する場合、ApacheとPHPのビルドしたVC(Microsoft Visual Studio)のバージョンが一致している必要があります。

PHP for Windowsで配布されている最新のPHPはVC11やVC9でビルドされていますが、Apacheの公式サイトに置かれているWindows版はVC6(Microsoft Visual Studio 6)でビルドされたものらしく、要するに最新のPHPは使えないということになります。

「Apache Lounge」ではVC11やVC9でビルドされたApacheが用意されており、前述の「PHP for Windows」からも推奨サイトとしてリンクされています。

PHP for Windows

ということでPHPを利用する場合、Apache LoungeのApacheを利用することをおすすめします。

以下、Apacheのダウンロートおよびインストールについて説明します。

ちなみに「Microsoft Visual Studio」とは、マイクロソフトのソフトウェア開発製品群及びそれらを管理する統合開発環境で、主なバージョンと略称は下記のとおりです(ネットで調べても略称しか出てこないので備忘録的にまとめてみました)。

  • VC6:Visual Studio 6
  • VC9:Visual Studio 2008
  • VC10:Visual Studio 2010
  • VC11:Visual Studio 2012
  • VC12:Visual Studio 2013

2.Apacheのダウンロード

Apache Loungeのページにある「Downloads」をクリック。

Apache Loungeのページ

2014年1月現在は、Apache 2.4 VC11がダウンロードできます。ここでは32bit版の「httpd-2.4.7-win32-VC11.zip」をダウンロードしてみます。

Downloads

なお、VC9でビルドされたApacheをダウンロードする場合は、左メニューの「Additional + VC9」をクリック。

Downloads

ここにApache 2.4.7 VC9とApache 2.2.26 VC9が用意されています。

Downloads

ちなみにPHP5.3/5.4はVC9、PHP5.5はVC11でビルドされています。

3.Apacheのインストール

ダウンロードしたhttpd-2.4.7-win32-VC11.zipをCドライブ直下で展開します。

展開すると「Apache24」というフォルダが作られると思うので、差し支えなければそのままの名称で利用します。

次にC:\Apache24\conf\httpd.confを開き、「Apache24」というフォルダ名を変更している場合は、以下の1行を書き換えます。

ServerRoot "c:/Apache24"

4.Apacheの起動

C:\Apache24\binフォルダに移動してApacheMonitor.exeを起動します。

ApacheMonitorを起動した場合、タスクバーにApacheMonitorのアイコンが表示されます。

アイコンを右クリックして「Open Apache Monitor」をクリックすればApache Server Monitorが開くの「Start」をクリックし、Service Statusが赤から緑に変われば起動完了です。

Apache Server Monitor

緑色に変わったところ
緑色に変わったところ

なお、起動時に次のようなファイアウォールのブロック画面が表示されたら、許可または解除する方をクリックしてください。

ファイアウォールのブロック画面

そのあと、ブラウザで「http://localhost/」または「http://127.0.0.1/」にアクセスして「It Works!」が表示されればインストール完了です。このファイルはC:\Apache24\htdocs\index.htmlです。

It Works!

ちなみに私はコマンドプロンプトを管理者権限で開き、以下のように起動しています。サービスとしてはインストールしていません。

C:\>cd Apache24\bin
C:\Apache24\bin>httpd

終了するときはCtrl-cです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)