Movable Typeでミリ秒・マイクロ秒を取得できる「DateUsecプラグイン」

Movable Typeでミリ秒・マイクロ秒を取得できる「DateUsecプラグイン」

Posted at June 16,2014 1:55 AM
Tag:[DateUsec, MovableType, Plugin]

Movable Typeでミリ秒・マイクロ秒を取得できる「DateUsecプラグイン」を公開します。

1.機能

このプラグインでは拡張テンプレートタグのMTDateUsecファンクションタグを提供します。

MTDateUsecタグは、既存MTDateタグの出力にミリ秒またはマイクロ秒を付加します。

このプラグインはダイナミックパブリッシングにも対応しています。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、DateUsecのプラグインアーカイブをダウンロードします。

DateUsec_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるDateUsecフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「DateUsec~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

マイクロ秒を出力したい場合は、

<$mt:DateUsec$>

とします。

ミリ秒を出力したい場合は、msecモディファイアを設定します。

<$mt:DateUsec msec="1"$>

なお、既存の時分秒とマイクロ秒(またはミリ秒)の表示がくっつかないように、

<$mt:DateUsec format="%Y-%m-%d %H:%m:%S."$>

という具合に、年月日時分秒をformatモディファイアで指定し、その右端にピリオドや半角スペースを挿入してください。

上記のフォーマットでは次のように表示します。

2014-06-16 01:07:37.580135

マイクロ秒またはミリ秒はformatモディファイアの対象外です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)