PubSubHubbubのまとめ

PubSubHubbubのまとめ

Posted at July 10,2014 1:55 AM
Tag:[PubSubHubbub]

今更ですがPubSubHubbubについてまとめてみました。

1.PubSubHubbubとは?

PubSubHubbubは、ブログの更新をフィードリーダーにリアルタイムに反映させるためのプロトコルで、「パブサブハブバブ」または「パブサブハバブ」と読みます。略して「PuSH」とも読みます。

従来のフィード購読では、あるブログのフィードが更新されたかどうかをクライアント側で周期的に確認する必要があります。ただし周期的に確認する分、情報のアップデートが遅くなります。

PubSubHubbubはそのタイムラグをなくすための技術で、フィードを発行するPublisher(ブログ)と、それを受け取るSubscriber(購読者)の間に「ハブ」と呼ばれるサーバが仲介し、更新をプッシュしてくれます。

以下、pubsubhubbubのスライドを簡単にまとめてみました。

従来のフィード購読は次のようになっています。

従来のフィード購読

PubSubHubbubでは購読者がHubに購読登録します。認証も行うようです。

購読者がHubに購読登録

フィード発行者が更新通知を行うと、Hubがフィード発行者の情報を取得し、購読者にプッシュしてくれます。これがリアルタイムに反映される理由です。

購読者にプッシュ

更新通知がない場合は従来のようにポーリングもしてくれるようです。

従来のようなポーリング

2.フィード発行側(ブログ)の設定は?

WordPressやMovable Typeではプラグインが用意されています。

WordPressはビルトインなのでインストール後の設定は不要のようです。

MT-PubSubHubbubプラグインの場合、ブログ別のプラグイン設定画面で送信先の設定とatom.xml(feed_recent)の<link rel="self"~>のあとに<$mt:PubSubHubbubLinks$>の設定が必要です。

WordPress.comやlivedoor Blogはデフォルトで対応しているようです。

3.送信先は?

http://pubsubhubbub.appspot.com/

に送信できるようです。

4.Feedburnerは?

フィード発行側でフィードにFeedburnerを利用している場合、下記の手順でPubSubHubbubのハブに更新通知を自動的に送信してくれるようです。

「Publicize」タブをクリック。

Publicize

「PingShot」をクリック。

PingShot

「Activate」をクリック。PubSubHubbubとは書かれていませんがここがそれにあたるようです。

Activate

これで設定完了です。

設定完了

このサイトではFeedburnerを利用していますがそれほどリアルタイムではないので、この設定の信憑性は定かではありません。

5.購読側の設定は?

購読側のフィードリーダーもPubSubHubbubに対応している必要があります。

Livedoor ReaderなどはPubSubHubbubに対応済みです。

Feedlyも対応していると思われますが情報がないので現状は不明とし、分かり次第更新します。

いずれにしても、クライアントの中の実装の話なので、購読者がクライアントを利用する際に設定する作業は特にないと思われます。

6.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)