Movable Typeでアップロードした画像を回転させる「ImageRotatorプラグイン」

Movable Typeでアップロードした画像を回転させる「ImageRotatorプラグイン」

Posted at July 29,2014 12:55 AM
Tag:[ImageRotator, MovableType, Plugin]

Movable Typeでアップロードした画像を回転させる「ImageRotatorプラグイン」を公開します。

1.機能

Movable Typeのデフォルト機能で、アップロードした画像を回転させる機能はありません(厳密にはアップロード時に正しい方向に補正する機能は実装されているようです)。

このプラグインを利用すれば、アップロード後の画像を90°単位で回転させることができます。

アップロード直後
アップロード直後

時計回りに90°回転
方向を時計回りに90°回転

jpgとpngファイルでそれぞれ元画像が回転することを確認しています。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、ImageRotatorのプラグインアーカイブをダウンロードします。

ImageRotator_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるImageRotatorフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「ImageRotator~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

プラグインをインストールすると、アイテムの編集画面に画像を回転させるフォームが表示されるので、回転させたい角度を選択して「変更を保存」をクリックすれば画像が回転します。デフォルトは0°です。

プラグイン設定画面

回転後はアイテム一覧画面のサムネイルの方向も回転します。ただしブラウザのキャッシュが残っていると変わらないかもしれません。

アイテム一覧画面

画像以外でこのラジオボタンを変更した場合などのきめ細かい動作は実装できていません。あらかじめご了承ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)