index.htmlの理由

index.htmlの理由

Posted at August 19,2014 12:55 AM
Tag:[Apache, HTTP, Web]

ウェブページのファイル名が「index.html」である理由・由来を調べてみました。

index.html

1.index.htmlについて

通常のウェブサイトやブログの場合、アドレスバーに、

http://www.~.com/

と入力すると、

http://www.~.com/index.html

というページにアクセスしたことと同じ意味になります。

ウェブサーバがApacheであれば、設定ファイル(httpd.conf)にDirectoryIndexディレクティブの指定を行うことにより、index.htmlというファイル名をURLから省略できる仕組みになっています。

DirectoryIndex index.html

このindex.htmlというファイル名が、いつ頃からデフォルトのファイル名として使われ始めたのか調べてみました。

2.index.htmlの理由

まず世界初のウェブサーバ、CERN httpdを調べました。CERNは「セルン」と読みます。

CERN httpd
CERN httpd

で、更新履歴の2.17betaの欄に次の内容が記載されています。

Welcome directive to specify the name of the overview page of the directory; default values are Welcome.html, welcome.html and, for compatibility with NCSA server, index.html. Use of Welcome directive will override all the defaults.(ディレクトリの概要ページの名前を指定するためのWelcomeディレクティブ; デフォルト値はWelcome.html、welcome.html、NCSAサーバとの互換性のためのindex.html。Welcomeディレクティブを使用すると、すべてのデフォルト値をオーバーライドします。)

NCSAサーバというのは「NCSA httpd」のことで、NCSA(米国立スーパーコンピュータ応用研究所)が世界で二番目に開発したウェブサーバです。

NCSA httpd
NCSA httpd

NCSA httpdは後発のウェブサーバながらCGIの導入、またウェブブラウザNCSA Mosaicへの対応など新たな機能を次々と開発し、CERN httpdがNCSA httpdを追いかける立場になり、index.htmlというファイル名にも追従したものと思われます。

ちなみに、NCSA httpdのプロジェクトは後にApacheに引き継がれます。

ということで、index.htmlというファイル名はNCSA httpdが発端になるようで、NCSA httpdのサイト調べてみると、DirectoryIndexディレクティブのページに次のような記述がありました。

Default
If you do not specify a DirectoryIndex, httpd assumes:
 
DirectoryIndex index.html

また、現在ではNCSA httpdをダウンロードすることができないようですが、参考サイトの記事では「NCSA httpd 0.5」(1993年9月)のソースファイルであるhttpd.hに、

#define HTML_DIR_CONTENT "index.html"

という記述が掲載されています。

ということで、index.htmlがデフォルトのファイル名として使われ始めたのは1993年9月頃ということになります。

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)