Gmailでメール送信を取り消す方法

Gmailでメール送信を取り消す方法

Posted at October 14,2014 12:03 AM
Tag:[Gmail]

Gmailでメール送信を取り消す方法を紹介します。

1.はじめに

通常のメールクライアントではメール送信を取り消すことができませんが、Gmailでは送信後数秒間は取り消すことが可能です。

2.事前設定

まずは事前設定です。

右上の設定アイコンをクリック。

設定アイコン

「設定」をクリック。

設定

「Labs」タブをクリック。

Labs

「送信取り消し」の右側にある「有効にする」を選択して「変更を保存」をクリック。

(クリックで拡大)
送信取り消し

3.Gmailの送信を取り消す

実際に送信を取り消してみます。

テストメールを作成して送信。

テストメール

画面上部のメッセ―ジに表示された「取消」をクリック。

取消

メッセージが「取り消しています ...」に変わり、

取り消しています

「送信を取り消しました。」と表示されます。これで取り消されました。

送信を取り消しました

取り消し後はさきほどのメッセージ作成画面が再び表示されます。

ちなみにこの機能を有効にしていない場合の送信メッセージは次のようになります。

機能を有効にしていない場合の送信メッセージ

4.取消可能時間

「取消」のリンクは10秒ほど表示されるようです。

その後、「取消」のリンクだけ下記のように非表示になります。

「取消」のリンクだけ非表示

5.その他

本エントリーで紹介した「送信取り消し」機能は、予告なしに変更・中断・提供中止される場合があります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)