Movable Typeのカスタムフィールドを一覧画面で作成・編集できる「CustomFieldEditorプラグイン」

Movable Typeのカスタムフィールドを一覧画面で作成・編集できる「CustomFieldEditorプラグイン」

Posted at December 1,2014 2:22 AM
Tag:[CustomField, MovableType]

Movable Typeのカスタムフィールドを一覧画面で作成・編集できる「CustomFieldEditorプラグイン」を公開します。

1.はじめに

Movable Typeのカスタムフィールドを新規作成するとき、新規作成画面から作成する必要がありますが、カスタムフィールドを大量に作成する場合、毎回「新規」をクリックする必要があります。

また、作成したフィールドを修正する場合、一覧画面から該当のカスタムフィールドをクリックして編集画面に遷移させる必要があり、大量な修正を行う場合に効率的な作業が行えません。

本プラグインを利用することで効率的な作業を行えるようになります。

また、一旦作成したカスタムフィールドの「システムオブジェクト」や「種類」は管理画面から変更することができませんが、このプラグインではほぼすべてのフィールドを修正することが可能です(ただしそれらの修正にあたっては十分ご注意ください)。

2.主な機能

新規作成したい場合、カスタムフィールド一覧画面の左上にある「フィールド追加」をクリックします。

フィールド追加

これでカスタムフィールド作成エリアが表示されます。

(クリックで拡大)
カスタムフィールド作成エリア

編集したい場合、まずカスタムフィールド一覧画面のオプションから編集したいフィールド定義をチェックし、一覧に表示します。

(クリックで拡大)
カスタムフィールド作成エリア

あとは編集したい行のカスタムフィールド名などをクリックすれば編集モードに切り替わるので、編集して「保存」をクリックすればOKです。

(クリックで拡大)
カスタムフィールド作成エリア

3.プラグインのダウンロード

CustomFieldEditorプラグイン専用のページを開設しましたので、機能の詳細やプラグインのダウンロード等はこちらからお願い致します。

CustomFieldEditorプラグイン
CustomFieldEditorプラグイン

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)