ExcelやWordなどのOfficeファイルにPDFや他のOfficeファイルを埋め込む方法

ExcelやWordなどのOfficeファイルにPDFや他のOfficeファイルを埋め込む方法

Posted at June 17,2015 12:03 AM
Tag:[Excel, Office, PDF, Word]

ExcelやWordなどのOfficeファイルにPDFや他のOfficeファイルを埋め込む方法を紹介します。

1.はじめに

仕事でよく使うテクニックなのですが、たとえば3つのファイルで1セットの資料(A~C)を作る場合、資料Aから資料Bを参照するには、資料Aにテキストで「~については資料B参照」と書きます。

これはこれでよいのですが、複数のファイルを常に一緒に管理しなければならないため、コピーや移動が面倒です。

これを解消する手段として、ExcelやWordファイルの中に別のファイル(テキスト、PDF、Excel、Word等、なんでもOK)をオブジェクトとして埋め込みます。

下記のスクリーンショットはExcelファイルにPDFを埋め込んだ例です。

ExcelファイルにPDFを埋め込んだ例

このオブジェクトをダブルクリックするとPDFが開きます。

ダブルクリックするとPDFが開く

これで管理が必要なファイルは1つだけとなります。

さらに、埋め込んだオブジェクトの編集も可能です。

なお、埋め込んだファイルを閲覧または編集するには、必要なアプリケーションがデバイスにインストールされている必要があります。

以下、オブジェクトとして埋め込む手順を紹介します。

2.Officeファイルにオブジェクトを貼りつける

ここでは前述のサンプルのとおり、ExcelファイルにPDFを埋め込む手順を紹介します。

「挿入」タブをクリック。

「挿入」タブ

「オブジェクト」をクリック。

オブジェクト

「ファイルから」タブをクリック。

ファイルから

「参照」をクリックして挿入したいファイル選択。ここではCドライブ直下の「test.pdf」というファイルを選択します。

参照

「アイコンで表示」をチェック。

アイコンで表示

これで埋め込んだときにPDFのアイコンが表示される状態になります。

埋め込んだときにPDFのアイコンが表示

このままでは「C:\test.pdf」というパスとファイル名がアイコンの下にそのまま表示されてしまうので「アイコンの変更」をクリック。

アイコンの変更

このウィンドウでアイコンやタイトルを変更できます。

アイコンの変更画面

ここではタイトルを「テスト」に変更して「OK」をクリック。

タイトルを「テスト」に変更

ひとつ前の画面で「OK」をクリック。

OK

これでPDFファイルがオブジェクトとしてExcelに埋め込まれました。

PDFファイルがオブジェクトとしてExcelに埋め込まれた

オブジェクトを選択状態にすれば移動できます。

オブジェクトの移動

埋め込んだファイルはダブルクリックで開ける他に、右クリックしたコンテキストメニューから開いたり、他の操作を行えます。

コンテキストメニュー

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)