ウェブサイトで事前レンダリングする方法

ウェブサイトで事前レンダリングする方法

Posted at October 14,2015 12:11 AM
Tag:[Web]

ウェブサイトで事前レンダリングする方法を紹介します。

1.はじめに

先日発表された、モバイルウェブ高速化を目的としたプロジェクト「AMP」の記事を読んでいたところ、事前レンダリングという手法が使われていることを知りました。

AMPプロジェクト
AMPプロジェクト

ということで、本エントリーで事前レンダリングについて紹介します。

2.事前レンダリングとは

事前レンダリング(Prerendering)とは単語が示すとおり、あるページを表示している間に別のページの読み込みとレンダリング実行するものです。

Google検索では、検索結果の1番目に表示されたサイトは、この仕組みを使って事前レンダリングされています。

3.ウェブサイトで事前レンダリングする

ウェブサイトで事前レンダリングするには、ページに下記のlink要素をページに埋め込みます。

<link rel="prerender" href="http://user-domain/foo.html" />

これでこのページを読み込んだときに、"http://user-domain/foo.html"のページのレンダリングもバックグラウンドで実施します。

このテクニックはページネーションなどで有効かもしれません。

4.対応ブラウザ

2015年10月現在で事前レンダリングに対応しているのは、Google ChromeとIE11のみです。

5.Chromeで事前レンダリングを確認する

Chromeのタスクマネージャを使って事前レンダリングを確認することができます。

「その他のツール」→「タスクマネージャ」、またはShift+ESCでタスクマネージャが起動します。

タスクマネージャ

この状態でChromeでGoogle検索(ここでは「Yahoo」を検索)すると、タスクマネージャに「事前レンダリング:Yahoo!~」が表示されます。

事前レンダリング

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)