Linuxのプロンプトにフルパスを表示する方法

Linuxのプロンプトにフルパスを表示する方法

Posted at October 16,2015 1:11 AM
Tag:[Linux]

Linuxのプロンプトにフルパスを表示する方法を紹介します。

1.はじめに

LinuxのサーバにTeraTermなどでログインすると、bashの場合、デフォルトで次のようなプロンプトが表示されます。

[foo@www123server ~]$

fooはユーザー、www123serverはホスト名、「~」はホームディレクトリを示します。

で、このホームディレクトリ直下に次のようなディレクトリ構成があるとします。

/home/
 └ foo/
   ├ test1/
   │ └ abc
   └ test2/
     └ abc

これでtest1/abcというディレクトリに移動すると、プロンプトは次のように「abc」表示されます。

[foo@www123server ~]$ cd test1/abc
[foo@www123server abc]$

このカレントディレクトリabcのフルパスを知るためには、pwdコマンドを打つ必要があります。

[foo@www123server abc]$ pwd
/home/foo/test1/abc

できればpwdを打たずにカレントディレクトリのフルパス(絶対パス)を知りたいのですが、方法が分かりません。

ということで、プロンプトにフルパスを表示する方法を紹介します。

2.プロンプトにフルパスを表示する

プロンプトにフルパスを表示するには次のexportコマンドを入力します。

% export PS1="[¥u@\h ¥w]¥¥$ "

これでプロンプトの表示が次のようにフルパスに変わります。

[foo@www123server ~/test1/abc]$

PS1というのはbashでプロンプトを定義する環境変数です。

設定している項目の意味はそれぞれ次のとおりです。

  • ¥u:ユーザー名
  • ¥h:ホスト名
  • ¥w:カレントディレクトリを絶対パスで表示

元に戻したい場合は次のexportコマンドを入力します。

export PS1="[¥u@¥h ¥W]¥¥$ "

「¥W」はカレントディレクトリのみを表示する設定です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)