Movable TypeのPSGI環境で503エラーになる場合の対処

Movable TypeのPSGI環境で503エラーになる場合の対処

Posted at February 8,2016 12:03 AM
Tag:[MovableType, PSGI]

Movable TypeのPSGI環境で503エラーになる場合の対処を紹介します。

久しぶりにPSGI環境にログインしようとしたときのエラーで、単なる備忘録です。

1.問題点

さくらVPSのMT(PSGI)の管理画面にログインしようとしたところ、503エラーが発生。

Apacheログの内容は次のとおり。

mt.cgiにアクセスしたときのログです。

/var/log/httpd/access_log

xxx.xxx.xxx.xxx - - [07/Feb/2016:14:35:24 +0900] "GET /cgi-bin/mt/mt.cgi HTTP/1.1" 503 403 "-" "Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:37.0) Gecko/20100101 Firefox/37.0"

/var/log/httpd/error_log

[Sun Feb 07 14:35:24 2016] [error] proxy: HTTP: disabled connection for (localhost)

こちらはmt.psgiにアクセスしたときのログです。

/var/log/httpd/access_log

xxx.xxx.xxx.xxx - - [07/Feb/2016:14:35:54 +0900] "GET /cgi-bin/mt/mt.psgi HTTP/1.1" 503 403 "-" "Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:37.0) Gecko/20100101 Firefox/37.0"

/var/log/httpd/error_log

[Sun Feb 07 14:35:54 2016] [error] (111)Connection refused: proxy: HTTP: attempt to connect to 127.0.0.1:5000 (localhost) failed
[Sun Feb 07 14:35:54 2016] [error] ap_proxy_connect_backend disabling worker for (localhost)

2.対処

starmanを起動することで回復しました。

$ cd /var/www/cgi-bin/mt
$ starman --pid /var/www/html/mt/pids/mt.pid ./mt.psgi
Pid_file "/var/www/html/mt/pids/mt.pid" already exists.  Overwriting!
2016/02/07-14:40:09 Starman::Server (type Net::Server::PreFork) starting! pid(24831)
Resolved [*]:5000 to [0.0.0.0]:5000, IPv4
Binding to TCP port 5000 on host 0.0.0.0 with IPv4
Setting gid to "500 500 10 500"
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)