MTテンプレートタグのブラケットを書き換える「MTTagBracketChangerプラグイン」

MTテンプレートタグのブラケットを書き換える「MTTagBracketChangerプラグイン」

Posted at December 4,2016 12:55 AM
Tag:[MovableType, MTTagBracketChanger, Plugin]

MTテンプレートタグのブラケットを書き換える「MTTagBracketChangerプラグイン」を公開します。

これは Movable Type Advent Calendar 2016 4日目の記事です。

1.はじめに

Movable Typeのテンプレートタグは、

<mt:Entries>
  <mt:EntryTitle>
</mt:Entries>

という風に、各タグの前後は"<"と">"、いわゆるブラケット(厳密にはアングルブラケット)で括るようになっています。

このブラケットを「別の文字に書き換えられないだろうか?」というくだらないことを、MTを始めた頃に考えたりしたのですが、当時はPerlもろくに読めずに挫折しました。

それから年月も経ってふとそのことを思い出し、今回作ってみました。

何の役にも立ちませんが、

[mt:Entries]
  [mt:EntryTitle]
[/mt:Entries]

などのフォーマットで動作するので、5分くらいは楽しめると思います。

下記のようなフォーマットもできそうですが面倒なのでやめました。

<?php mt:Entries?>
  <?php mt:EntryTitle?>
<?php /mt:Entries?>

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、MTTagBracketChangerのプラグインアーカイブをダウンロードします。

MTTagBracketChanger_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるMTTagBracketChangerフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で「MTTagBracketChanger~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

システム管理画面のプラグイン設定画面で「MTTagBracketChanger~」→「設定」をクリックし、「開始文字」と「終了文字」を設定します。デフォルト状態は何も設定されていません。

設定後、テンプレートタグのブラケットを書き換えてみてください。正規表現で使われる文字を設定する場合は必ずエスケープしてください。

プラグイン設定画面

4.注意事項

全ての動作を確認していないので不具合がありましたらご了承ください。

また、プラグインはテンプレートタグ処理のメイン部分に手をいれているため、設定した文字によっては管理画面(=テンプレートタグを使っている)が正常に表示されなくなる可能性があります。

管理画面が正常に表示されなくなった場合、プラグインを削除すれば元に戻ります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)