lessからvimやemacsに切り替える方法

lessからvimやemacsに切り替える方法

Posted at February 17,2017 12:03 AM
Tag:[Linux]

lessからvimやemacsに切り替える方法を紹介します。

1.はじめに

lessコマンドでファイル閲覧中に"v"を押下するとviエディタに切り替わり、ファイルの編集が可能になります。

またエディタを終了するとlessに復帰するので非常に重宝しています。

ただデフォルト状態ではviしか起動せず、vimやemacsなど、他のエディタに切り替えることができません。

ということで、lessからvi以外のエディタに切り替える方法を紹介します。

2.vi以外のエディタに切り替える

vi以外のエディタに切り替えるには、環境変数VISUALに"vim"を設定します。

vimの場合

% export VISUAL="vim"

emacsの場合

% export VISUAL="emacs"

これで"v"を押下すると、指定したエディタに切り替わります。

VISUALは、lessで"v"を押下したときの起動エディタを指定するための環境変数です。

エディタへのパスが通っていない場合は、フルパスで指定します。

vimの場合

% export VISUAL="/usr/bin/vim"

emacsの場合

% export VISUAL="/usr/bin/vim"

エディタのパスは環境によって異なるかもしれないので、whichコマンドで確認してください。

3.ログイン直後に切り替える

上記の方法では環境変数を設定したターミナルでしか有効になりません。

常ににエディタを変更したい場合は、上記のexportコマンドをホームディレクトリの.bashrcに追記します。

これでログイン直後に設定が有効になります。

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)