iMacrosでiframe要素にアクセスする方法

iMacrosでiframe要素にアクセスする方法

Posted at October 26,2017 12:03 AM
Tag:[iMacros]

iMacrosでiframe要素にアクセスする方法を紹介します。

1.問題点

次のようなiframe要素のあるHTMLがあります。

index.html

<html>
<body>
<iframe src="sample.html" height="300" width="500" />
</body>
</html>

sample.html

<html>
<body>
<form name="test">
<input type="text" value="" />
</form>
</body>
</html>

index.htmlにアクセスして、iframe要素にあるフォームのテキストフィールドに値を設定したいのですが、そもそもiframe要素にアクセスする方法がわかりません。

ということで、iMacrosでiframe要素にアクセスする方法を紹介します。

2.iMacrosでiframe要素にアクセスする

iMacrosでiframe要素にアクセスするには「FRAME」を利用します。

VERSION BUILD=844 RECORDER=CR
URL GOTO=http://user-domain/index.html
FRAME F=1
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:test ATTR=* CONTENT=aaa

FRAMEのフォーマットはつぎのようになっています。

FRAME (F=n|NAME=id)

"F"はページ内のiframe要素の出現順位、NAMEはiframe要素のname属性値です。

いずれかを指定すればiframe要素にアクセスすることができます。

サンプルの場合、index.htmlの中でiframeが1番目(1つしかありませんが)に出現しているので、

FRAME F=1

となります。

またiframe要素に、

<iframe name="hoge" src="sample.html" height="300" width="500" />

という風にname属性が指定されていれば、

FRAME NAME=hoge

と書くこともできます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)