Linuxで実行中プロセスのフルパスを取得する方法

Linuxで実行中プロセスのフルパスを取得する方法

Posted at November 9,2017 12:03 AM
Tag:[Linux]

Linuxで実行中プロセスのフルパスを取得する方法を紹介します。

1.問題点

Linuxサーバをシャットダウン→再起動したあと、httpdを起動させたのですが、アクセスしたページが「Not Found」になってしまいました。

おそらくApacheが複数インストールされていて、いつも使っていないバイナリを起動させてしまったようです。

いくつかあるうちのどれかを起動すれば解消すると思います。

で、色々試しているうちに解消したのですが、結局どのhttpdが起動しているのか分からなくなりました。

psコマンドでは次のような相対パス表示なので絶対パス(フルパス)が分かりません。

# ps -ef |grep httpd
root      3033     1  0 14:24 ?        00:00:00 ./httpd
daemon    3034  3033  0 14:24 ?        00:00:00 ./httpd
daemon    3035  3033  0 14:24 ?        00:00:00 ./httpd
daemon    3036  3033  0 14:24 ?        00:00:00 ./httpd
daemon    3037  3033  0 14:24 ?        00:00:00 ./httpd
daemon    3128  3033  0 14:25 ?        00:00:00 ./httpd
root      3265  2696  0 14:31 pts/1    00:00:00 grep httpd

2.実行中プロセスのフルパスを取得する

実行中プロセスのフルパスを取得するには

/proc/[PID]/exe

を利用します。

前述のpsコマンドでhttpdのプロセスIDは3033なので

/proc/3033/exe

のシンボリックリンクに、実行ファイルのパス(/usr/local/apache2/bin/httpd)が表示されます。

# ls -l /proc/3033/exe
lrwxrwxrwx. 1 root root 0 11月  2 14:32 2017 /proc/3033/exe -> /usr/local/apache2/bin/httpd
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)