NHKドラマ「アシガール」が面白い

NHKドラマ「アシガール」が面白い

Posted at January 20,2018 12:03 AM
Tag:[NHK]

追記:非公式掲示板作りました。

NHKドラマ「アシガール」再放送の宣伝です。

「アシガール」は森本梢子さん作の漫画で、超ざっくりしたあらすじは、平成の高校生がタイムマシンで戦国時代にとばされ、その時代に生きる若君とのラブストーリーが展開する、というものです。

アシガール 1 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 (2012-07-25)
売り上げランキング: 29,752

で、NHKでドラマ化され、2017年9月~12月の土曜夕方の時間帯に放送されてました。

(クリックでアシガールのサイトへ)
アシガール

原作を読んだことはないのですが、NHKを観ることが多いので、私はたまたまこのドラマを見ていました。

最初の数回はさほど何も感じず、正直見逃した回もあったのですが、ストーリーが進むにつれてこのドラマにはまっていきました。

終わったドラマを何回も見直すことは滅多にないのですが、このドラマだけは見逃した回も含めてもう一度見直したいと思い、NHKオンデマンドで正月、一気に全話見ました。

見直した感想は、やっぱり面白かったです。

そして、まだ何回でも見れそうな感じです。

個人差はあると思いますが、なんというか、中毒的な面白さがあります。

どうしてこんなに見直したくなるんだろうと思い、このドラマの公式掲示板をみつけて読み返したところ、同じような症状に陥っている人が大勢いることが分かりました。

毎日見直している人もいるようです。

(クリックでアシガール掲示板のサイトへ)
アシガール

他のドラマも同じような掲示板があるので、いくつか開いてみて投稿数を比べてみました。

結果、終了した番組の掲示板はどこも閑散としているのですが、アシガールの掲示板だけドラマが終わった現在(2018年1月)でもかなりの勢いで投稿が続いていました。

NHKの掲示板はページ分割されていて、アシガールのそれは現在43ページまで進んでいますが、実はその前、130ページ(1ページ30件)くらいまでページ分割されていました。

理由はわかりませんが、1ページの投稿表示数を100件に拡張して、ページ分割数を減らした模様です。

参考までに、似たような時間帯に放送していた「みをつくし料理帖」の掲示板は1ページ30件×31ページなので、アシガール掲示板の投稿数の多さがわかると思います。

投稿にはドラマの感想はもちろんですが、ドラマ終了後は「再放送してほしい」「DVDを発売してほしい」という書き込みが殺到しています。

で、前のスクリーンショットでお分かりのとおり、今回異例の再放送になったようです。

放送予定時間をまとめて掲載しておきます。

2月15日(木)<水曜深夜>
午前0時15分 第1回「見参!戦国女子高生」
午前0時53分 第2回「若君めざして一直線!」
午前1時31分 第3回「若君といざ出陣!」

2月16日(金)<木曜深夜>
午前0時15分 第4回「ドキドキの夜!」
午前0時53分 第5回「走れ!初デート」
午前1時31分 第6回「平成に若君キター!」

2月17日(土)<金曜深夜>
午前0時15分 第7回「待ってます戦国で!」
午前0時53分 第8回「満月よ!もう少しだけ」
午前1時31分 第9回「せつないラストチャンス!」

2月18日(日)<土曜深夜>
午前0時5分 第10回「その結婚ちょっと待った!」
午前0時43分 第11回「走りぬけ!愛のために」
午前1時21分 最終回「若君といつまでも!」

放送時間が変わったら掲示板が炎上しそうな気がします(笑)。

ということで、ドラマの紹介をこのブログで書くことは多分一度もなかったのですが、このドラマだけは紹介しておきたいと思い、エントリーすることにしました。

アシガールロスの方はもちろん、まだ観たことがない方もおすすめです。

また、もし最初の方がつまらなくても全話録画しておくことをおすすめします(掲示板の投稿で、消してしまって後悔している人多数)。つまらなければそのあとで消せばいいので。

とはいえ、個人差はあると思いますので予めご了承ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)