Movable Type 7の「enable_object_methods」について

Movable Type 7の「enable_object_methods」について

Posted at March 2,2018 12:03 AM
Tag:[MovableType]

Movable Type 7の「enable_object_methods」について紹介します。

1.問題点

Movable Type 7で既存プラグイン検証中で、独自オブジェクトを使っているプラグインでデータを保存すると、「不正な要求です。」という、MT6で発生しなかったエラーが発生しました。

不正な要求です

調べたところ、MT7(MT7.0b1〜)で新しく追加された「enable_object_methods」が影響しているようです。

ということで、「enable_object_methods」について情報共有します。

2.「enable_object_methods」について

「enable_object_methods」はレジストリ項目で、各オブジェクトの編集・保存・削除の可否をチェックします。

具体的には、MT::Commonのsave()/edit()/delete()でこのレジストリをチェックし、編集・保存・削除でこのレジストリが登録されていないと冒頭のエラーになります。

独自オブジェクトを使っているプラグインで、オブジェクトの編集・保存・削除にエラーにならないようにするためには、プラグインのconfig.yaml等に下記の記述が必要です。

enable_object_methods:
    データソース名:
        save: 1
        edit: 1
        delete: 1

β版の情報なので今後変更になるかもしれませんが、独自オブジェクトを使ったプラグイン+MT6で運用しているサイトはMT7へのアップグレードで独自オブジェクトの編集・保存・削除ができなくなる可能性があります。ご注意ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)