gcc/g++の"-l"オプションの意味

gcc/g++の"-l"オプションの意味

Posted at March 6,2018 12:03 AM
Tag:[C/C++]

gcc/g++の"-l"オプションの意味について調べてみました。

1.問題点

C/C++のオブジェクトファイルをldコマンドでリンクする方法(その2)」で示した最後の1行、

-lstdc++ -lm -lgcc_s -lgcc -lc

で"-l"は、リンクするライブラリを指定するためのオプションです。

が、"-l"の後に続く「stdc++」「m」「gcc_s」「c」が何を指しているのか、さっぱりわかりません。

ということで、"-l"オプションの意味について調べてみました。

2."-l"オプションの意味

前項のオプションを例に説明します。

それぞれのオプションは、下記のライブラリを検索します。

  • libstdc++.a
  • libm.a
  • libgcc_s.a
  • libgcc.a
  • libc.a

具体的には、"-l"オプションはリンクのときに使われるオプションで、"-l"の後に続く文字列に"lib"、後方に".a"をつけたライブラリを検索します。

この規則については、ldコマンドのmanページに、次のように記載されています。

-lar
アーカイブファイル ar をリンクするファイルのリストに加える。このオプションは何回でも指定でき る。 ld は ar が指定されるごとに、 libar.a が見つかるまで検索パ スを探す。
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)