MTContentFieldタグの使い方

MTContentFieldタグの使い方

Posted at June 7,2018 12:03 AM
Tag:[movabletype, MTContentField]

MTContentFieldタグの使い方をまとめました。

1.MTContentFieldタグとは

作成したコンテンツデータの値を表示するためのブロックタグです。

2.MTContentFieldの必須モディファイア

MTContentFieldタグを利用する場合、content_fieldモディファイアに

  • ID
  • ユニークID
  • 名前

のいずれかを指定します。このモディファイアは必須です。

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="商品名">
    :
 </mt:ContentField>
</mt:Contents>

3.MTContentFieldの中で使えるテンプレートタグ:MTContentFieldValue

MTContentFieldタグの中ではMTContentFieldValueタグが使えます。

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="商品名">
    <mt:ContentFieldValue>
  </mt:ContentField>
</mt:Contents>

MTContentFieldValueは、コンテンツフィールドの値を表示するファンクションタグです。

4.MTContentFieldの中で使えるテンプレートタグ:コンテキストに応じた既存タグ

下記のフィールドの場合、MTContentFieldの中ではフィールドタイプに応じた既存テンプレートタグが使えます。

フィールドタイプ利用可能なテンプレートタグ
日付と時刻
日付
時刻
日付に関するテンプレートタグで利用できるモディファイアformat="%B %e, %Y %I:%M %p"
アセット
ビデオアセット
画像アセット
オーディオアセット
アセット関連のタグMTAssetURL
カテゴリカテゴリ関連のタグMTCategoryLabel
タグタグ関連のタグMTTagName

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="カテゴリ">
    <mt:CategoryLabel>
  </mt:ContentField>
</mt:Contents>

5.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)