白ロム端末でWiMAXを利用する方法

白ロム端末でWiMAXを利用する方法

Posted at September 26,2018 12:03 AM
Tag:[iPhone, SIM]

白ロム端末でWiMAXを利用する方法を紹介します。

1.はじめに

このタイミングでiPhone SEを購入しました。

キャリアの端末ではなく、白ロム新品をネットで買いました。

現在ソフトバンクのiPhone 4SをWiMAXで使っているのですが、さすがに動作が遅くなってきました。

メールなどは4Sでそのまま使って、SEは4Sのブラウザ代わりに使いたいというのが目的です。

ちなみに価格は\26,000-でした。32GBです。

スマホをノートPCの感じで使いたいわけですが、WiMAXにはSIMが挿入されているので、さらにその先のスマホにもSIMが必要なのかネットで色々調べてもわかりませんでした。

そういう使い方をしている人はいないようです。

が、購入したiPhoneをSIMなしで起動しても、後述するAPNの設定画面で止まってしまい、そのまま使うことはできませんでした。

どうやらSIMは必須のようです。

ということで、最安のイオンモバイルのSIMを購入しました。

  • データ(SMSあり)1GBプラン
  • 初期費用:3000円+税
  • 月額:480円+税

プランをSMSありにした理由は、アカウント認証でSMSが使われることがよくあるためです。

また、イオンモバイルのSIM(データプラン)には、容量(1GB~50GB)の他に、

  • タイプ1
  • タイプ2

の2種類があり、さらにタイプ1は

  • ドコモ回線
  • au回線

の2種類(タイプ2はドコモ回線のみ)から選べるのですが、今回はau回線を選択しました。

理由は、ドコモ回線の方が通信速度が速いなどの利点があるのですが、ドコモ回線はSMSを付けると+140円されるためです。

WiMAXをメインで使うので通信速度は関係ないですしね。

プランの詳細を知りたい方は下記をどうぞ。

料金プラン

2.APNの設定

SIMを端末に挿入してすぐに使えるようになるわけではなく、通信を開始する前に「APNの設定」が必要です。

APNとは「Access Point Name」の略で、「アクセスポイント名」という意味です。

携帯電話回線からネットワークへ接続する窓口となります。

iPhoneの場合、APN設定のための「プロファイル」のインストールが必要で、これをインストールするためにWiFi環境が必要となります(Androidの場合はネットワークは不要らしい)。

イオンモバイルのiPhone用プロファイルは下記にあります。

iOS 7~iOS 11の端末

iPhoneの初期設定でWiFi接続画面が表示されるので、手元のWiMAXに接続し、APN用のプロファイルがダウンロードできるURLにアクセスします。

パスコードを入力してプロファイルをインストールすれば完了です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)