Movable Type7でアイテムのリネーム規則を変更する「AssetRenameChangerプラグイン」

Movable Type7でアイテムのリネーム規則を変更する「AssetRenameChangerプラグイン」

Posted at November 16,2018 12:03 AM
Tag:[AssetRenameChanger, MovableType, Plugin]

Movable Type7でアイテムのリネーム規則を変更する「AssetRenameChangerプラグイン」を公開します。

1.はじめに

MT7のアイテムアップロードで同名のファイル名が存在する場合、次の3パターンから選択できます。

  • 既存のファイルを残して、別のファイル名でアップロードする
  • 既存のファイルを上書きする
  • アップロードしない

「既存のファイルを残して、別のファイル名でアップロードする」を選択して同名のファイルをアップロードした場合、ファイル名はsha1のダイジェスト値を元にした、いわゆるランダムな文字列となります。

たとえば、test.pngというファイルをアップロードしたあと、同じファイルをアップロードすると、ファイル名は下のような文字列になります。

実体のファイル名だけが変更され、アイテムの名前自体は元のファイル名になるので管理上、支障はないと思いますが、実体のファイル名を分かりやすくしたい場合、本プラグインを適用することで、元ファイル名の後方にタイムスタンプを付与するように変更します。

タイムスタンプを付与

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、AssetRenameChangerのプラグインアーカイブをダウンロードします。

AssetRenameChanger_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるAssetRenameChangerフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で「AssetRenameChanger~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)