MovableTypeの記事データをコンテンツデータに変換する「EntryConverterプラグイン」

MovableTypeの記事データをコンテンツデータに変換する「EntryConverterプラグイン」

Posted at January 31,2019 11:55 PM
Tag:[EntryConverter, MovableType, Plugin]

MovableTypeの記事データをコンテンツデータに変換する「EntryConverterプラグイン」を公開します。

記事データからコンテンツデータへの変換イメージ(クリックで拡大、以下同様)
変換の状況

1.機能

MovableType 7で登場したコンテンツデータですが、今後のメジャーバージョンアップで、MT6までの基本データであった「記事」「ウェブページ」が廃止され、コンテンツデータのみになる可能性があります。

本記事の「EntryConverterプラグイン」を導入することで、記事データ(カスタムフィールド含む)をコンテンツデータに変換することが可能です。これにより、今後のMTのメジャーバージョンアップにも柔軟に対応できるようになります。

本当にそうなるかどうかは分かりませんが、コンテンツデータに移行させることで再構築時間の改善が見込まれるかもしれません。

2.プラグインについて

プラグインの詳細については下記のURLをご覧ください。

EntryConverterプラグイン
EntryConverterプラグイン

以下、ざっくりですがインストールおよび動作を紹介致します。

3.インストール

ダウンロードアーカイブを展開した、中にある「EntryConverter」フォルダをMovable Typeのpluginsディレクトリにアップロードします。

アップロード後、システム管理画面の「設定」→「プラグイン」で「EntryConverter」が表示されていればインストール完了です。

システム管理画面

4.コンテンツデータに変換

下記のような記事データが3件あります。これを変換してみます。

変換の状況

左メニューの「ツール」→「記事からコンテンツデータへの変換」をクリック。

記事からコンテンツデータへの変換

変換画面が表示されるので「実行」をクリック。

CSVのエクスポート画面

データ変換の状況が表示されます。

変換の状況

コンテンツタイプに「Entry」が作成されます。

変換の状況

コンテンツデータに「Entry」が作成されます。

変換の状況

カテゴリデータもカテゴリセットに移行されます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)