ピッチパイプ

ピッチパイプ

Posted at June 7,2004 12:54 AM
Tag:[]

フォークギターを弾き始めた中学生の頃、音叉の存在を知らなかった私は「ピッチパイプ(調子笛)」なるものを買って使ってました。ギター用のピッチパイプは各弦の音程に合わせた6つの笛が横並びにくっついていて、それを吹くとハーモニカみたいな音で「プー」という、なんとも素朴で懐かしい感じの音が出てきます。安物だったのか途中でどれかひとつ音が出なくなったことも覚えています。

が、その音と弦の音を合わせるのはなかなか難しく、当時まともに調弦ができていたかどうかは定かではありません。音叉は使い慣れるまで時間がかかるかも知れませんが、ピッチが狂っている状態からピタリと合わせる時の爽快感は、ピッチパイプは遠く及びません。やはりこれはそこから出る音色、つまり倍音の問題なんでしょうか?

マンドリン団体では昨今チューナー(から出る音)でチューニングをする団体が増えてきましたが、私はその音色から昔使っていたピッチパイプの「プー」という音を想い出すのです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

私も持ってました。吹くのが大変で殆ど使わなかったけど。今もあるよ。

[1] Posted by あ : June 25, 2004 4:06 PM

今度本番チューニングでオーボエの代わりに吹きましょう(笑)。
でもそれって440Hzですよね…。

[2] Posted by yujiro : June 26, 2004 1:48 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)