Web 2.0への道 2:Googleのすべて

Web 2.0への道 2:Googleのすべて

Posted at July 13,2006 12:39 AM
Tag:[Amazon, Book, Google]

「Web 2.0への道」の第2弾、休刊になったインターネットマガジンに掲載されていた Google の関連記事を再編集し、新たに 40ページ以上が書き下ろされたものです。

Googleのすべて WEB2.0への道2Googleのすべて WEB2.0への道2
Web2.0編集部

インプレスR&D 2006-07-05
売り上げランキング : 2023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

創業者であるラリー・ペイジ&サーゲイ・ブリンのインタビューや日本法人取締役社長・村上憲郎のインタビュー、グーグル東京研究開発センターレポート、そして下記の各サービスが解説されています。

* は雑誌発売時から追加されたサービスです。

さらに Google 検索・Gmail・Google Calendar・Google デスクトップ・Google マップ・Google Earth・Google Notebook・Google パーソナライズドホーム+ニュース・Google トーク・Picasa・Google Video の具体的な利用方法が掲載されています。

それにしても、元記事が掲載された「インターネットマガジン」が発売されてから約4ヶ月の間にサービスが4つ増えて、他のサービスが継続しているというのは驚異ですね。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

Google Page Creator(グーグルページクリエイター)を開始 from The Paradigm Shift:パラダイムシフト
Google Page Creator(グーグルページクリエイター)を開始 Google Page Creator(グーグルページクリエイター)... [続きを読む]

Tracked on August 29, 2006 12:31 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)