日清「カップヌードル リフィル」と「タイム缶」

日清「カップヌードル リフィル」と「タイム缶」

Posted at December 8,2007 3:25 AM
Tag:[Food]

スーパーで買い物をしていると、インスタントラーメンのコーナーに見慣れないパッケージの「カップヌードル リフィル」があったので買ってきました。

カップヌードル リフィル

最近発売されたのかと思ってネットで調べたら、発売は今年の3月でした。どれだけ気がつくのが遅いんでしょうか…。

カップヌードル リフィル」はその名の通り、詰め替え用のインスタントラーメンで、めんの大きさを従来比約80%に圧縮してコンパクトにしています。「スターターパック」を買えば、専用のカップ「マイヌードルカップ」がついており、洗って何回でも使うことができます。

カップは、プラスチック製の内カップ、透明な外カップの2つに分かれており、その間にラベルとなるしーとをはさむので、デザインをチェンジすることができます。

関東地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、群馬県、栃木県、茨城県、長野県、新潟県)のみの地域限定販売です。といっても、日清e-めんShop で購入できます。
ちょうどキャンペーン実施中らしく、2008年1月まで送料無料で買うことができます。


話は変わって、日清のサイトで「カップヌードル リフィル」を見ていたら、「タイム缶回収」の記事を見つけました。

自主回収のお知らせ

自主回収のお知らせ

弊社が2000年8月から製造・販売いたしました缶入りカップヌードル「TimeCan(タイムカン)」の一部において缶の巻き締め不良が原因で缶内に空気が入り、品質に影響する可能性が生じたため、2004年3月より新聞や弊社ホームページで告知し、自主回収を進めて参りました。
さらに徹底を期すため、この度あらためて自主回収へのご協力のお願いをさせていただきます。
該当商品をまだお手元に保管されているお客様には、お手数をおかけして恐縮ですが下記送付先まで代金着払いにてお送りいただきますようお願い申し上げます。後日、商品代金を送付させていただきます。
賞味期間の10年間を楽しみにしていただいた皆様には、ご期待に添えず深くお詫び申し上げます。再びこのようなことの無いように一層の管理体制の向上に努めておりますので、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

「タイム缶」は、20世紀最後の2000年に発売された商品で、「十年缶保存計画」というネーミングで、賞味期間10年の2010年まで、タイムマシンのように保存しておける、というものでした。

実はこの「タイム缶」持ってます。↓

タイム缶

意図的に返品していないのではなく、回収の告知に全く気がついていませんでした。しかも告知は2004年から行われているので、約3年半、気がついていなかった訳です。自主回収のCM等が時々流れているのをみて、「これだけ放送していれば大抵の人は気がつくだろう」と思ってましたが、意外にそうではないということを身をもって知りました。

ネットに深く関わっている割にこういった情報を収集できていなかったのはちょっとショックでしたが、200円の商品を保管して早7年余りが経っていたことに、時の流れの早さを感じました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)