EntryCategory プラグイン

EntryCategory プラグイン

Posted at April 15,2008 12:03 AM
Tag:[EntryCategory, MovableType, Plugin]

Movable Type には MTEntryCategory というファンクションタグが存在しますが、これをブロックタグに置き換えるプラグインを作りました。

元々の発端は、EntryCategoryID プラグインを作った時に、他のプライマリーカテゴリーに関する情報も、このようなファンクションタグでしか出力できないことを不満に思ったからです。

テンプレートタグのブロックタグは、リスト形式で出力するものがほとんどですが、

など、単数形のブロックタグもいくつか存在します。

つまり、MTEntryCategory もファンクションタグとして MTCategoryLabel の内容だけを出力するのではなく、ブロックタグとして振舞うのが本来のような気がした訳です。

1.ダウンロード

下記のリンクからプラグインアーカイブをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。

EntryCategory.zip

2.インストール

プラグインアーカイブを解凍し、中にある EntryCategory.pl を plugins ディレクトリにアップロードしてください。
ブログ管理画面より「システム」→「プラグイン」でプラグイン一覧を表示し、次のように表示されればOKです。

プラグイン一覧

3.使用方法

このプラグインが提供する MTEntryCategory テンプレートタグは、MTEntries タグブロック内、またはブログ記事アーカイブで利用可能です。

エントリーの属するプライマリカテゴリー名の一覧を出力する場合は、次のように記述します。

<MTEntries>
  <MTEntryCategory>
    <$MTCategoryLabel$>
  </MTEntryCategory>
</MTEntries>

エントリーの属するプライマリカテゴリーに親カテゴリーがある場合のみ、親カテゴリー名を出力する場合は、次のように記述します。

<MTEntries>
  <MTEntryCategory>
    <MTHasParentCategory>
      <MTParentCategory>
        <$MTCategoryLabel$>
      </MTParentCategory>
    </MTHasParentCategory>
  </MTEntryCategory>
</MTEntries>

その他、MTCategoryID、MTCategoryArchiveLink、MTCategoryBasename など、MTEntryCategory タグの中ではカテゴリー系のテンプレートタグがいろいろ使えます。

すでにテンプレートで MTEntryCategory を使っている場合は、検索機能の正規表現を使って検索、場合によっては置換してしまうと良いでしょう。

検索画面

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

こんにちは。こちらのプラグインをMT4で使用させていただいておりました。

このたびMT5にバージョンアップしたのですが、その際に不具合が起こるようです。

具体的には

ブログ記事をエクスポート

ブログ記事を新規ブログでインポート

その後新規ブログで新規ブログ記事を作成、または各記事の詳細へのリンクをクリックすると、

---------
テンプレート「edit_entry.tmpl」の再構築中にエラーが発生しました: <mtsetvarblock>タグでエラーがありました: <mtapp:setting>タグでエラーがありました: <MTEntryCategory>に対応する</MTEntryCategory>がありません(19行目)。
---------

という表示がでます。
こちらのプラグインを一旦削除してから同じ操作をするとエラーは表示されませんでした。

同様のエラーがでたかたはいらっしゃいませんでしょうか?

[1] Posted by yutapo : December 11, 2009 5:27 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)