キヤノン PIXUS mini360

キヤノン PIXUS mini360

Posted at April 27,2008 1:50 AM
Tag:[Canon, Printer]

かなり日が経ってしまいましたが、先日行われたMT4LP5 の直前に、交換用の名刺を手元に持ち合わせていないことに気がつき、名刺印刷用に「キヤノン PIXUS mini360」を急遽購入しておりましたので、製品の紹介まで。

キヤノン PIXUS  mini360キヤノン PIXUS mini360

キヤノン 2007-10-04
売り上げランキング : 3497

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この機種を選んだのは、通常のA4サイズを印刷するような大きい機種は置き場がなく、フォトプリンタ系で探し始めたためです。が、「プリンタで名刺を印刷する」という需要が少ないのか、そもそもどのフォトプリンタが名刺サイズに対応しているのか分からない、というところでつまづきました。

結局、カタログを睨めっこして、名刺サイズに対応している「キヤノン PIXUS mini360」を選んだのですが、今考えると、他のキャノンのフォトプリンタ(SELPHY)でもできたのかもしれません。カタログスペック上はこの機種しか載っていませんでした。

下は、キャノン SELPHY シリーズです。

Canon コンパクトプリンター SELPHY CP750Canon コンパクトプリンター SELPHY CP750

キヤノン 2007-06-07
売り上げランキング : 6754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Canon コンパクトプリンター SELPHY CP740Canon コンパクトプリンター SELPHY CP740

キヤノン 2007-06-07
売り上げランキング : 6418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話を戻して、キヤノン PIXUS mini360は、キャノンのフォトプリンタでは唯一のインクジェット方式(他は熱転写方式)です。また、4色カラーながら、最高解像度9600dpi、最小インク滴1pl というハイスペック。
操作も簡単、きびきびとした印刷っぷりで、予めデザインしていた名刺をあっという間に印刷できました(都合100枚)。

本来の機能であるフォトプリントは、主流になったメモリーカード差し込み方式(市販アダプタを使えば「miniSDメモリーカード」や「メモリースティック デュオ」からのプリントも可)。赤外線通信に対応したカメラ付き携帯電話なら、メモリーカードやケーブルなしで印刷できます。Bluetoothでのワイヤレスプリントも可能です(オプションのBU-20が必要)。
さらに別売のバッテリーを組み合わせれば、コンセントがない場所でもプリントできます(Lサイズ約130枚印刷可能)。

機能詳細は仕様は mini360 の公式サイトをご覧ください。

今回印刷した名刺はほとんどなくなったので、また機会があれば新しいデザインを考えたいと思います。好きな枚数も印刷できることや、デザインのバリエーションや微調整ができるのが、自前で印刷できるメリットですね。

インクジェットプリンタを購入したのは、おそらく10年振りくらいです。
ちなみに、前に買ったのはエプソンのPM-3500Cというもので、A3ノビまで対応しているので重宝しています。いまだに使ってはいるものの、ちょっと使わないとインクの噴射口が汚れるのか、きれいに印刷できるまで何回もクリーニングしなければならない状態です。
そろそろ次のプリンタを買わなければと思う今日この頃です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

[photo]Canonのフォトプリンタmini360を買った from 毎日のメモ
日常使いとしてはコストパフォーマンスの面でよろしくないけれど、「移動性」が必要なので。 SELPHYシリーズにしなかった理由 普通の名刺用紙が使いたかっ... [続きを読む]

Tracked on June 29, 2008 5:47 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)