ArchiveDateFooter プラグイン(MT4.2 対応)

ArchiveDateFooter プラグイン(MT4.2 対応)

Posted at July 29,2008 1:31 AM
Tag:[ArchiveDateFooter, ArchiveDateHeader, MovableType, Plugin]

ArchiveDateFooter プラグイン が Movable Type 4.2 で動作しないというご連絡を頂きましたので、4.2 対応版をリリース致しました。

旧バージョンの ArchiveDateFooter プラグインを Movable Type 4.2 にインストールし、MTArchiveDateFooter タグのあるテンプレートの再構築を行うと、次のような「Can't use string ("00000001000000") as a subroutine ref while "strict refs" in use at ~ ArchiveDateFooter.pl line 49. 」というエラーが発生します(ブログ記事投稿月が2ヶ月以上にまたがる場合)。

ArchiveDateFooter でのエラー

MT4.2 対応の ArchiveDateFooter プラグインは「ArchiveDateFooter プラグイン」のエントリーからダウンロードできます。

ArchiveDateFooter プラグインは、ArchiveDateHeader プラグインと併用してください。ArchiveDateHeader は下記のいずれかのプラグインを用いればOKです。

ArchiveDateHeader 1.0 を MT4 以降で動作させたい場合は、ArchiveDateHeader.pl に下記のコード(青色部分)を追加してください。

   :
use strict;
use MT::Template::Context;
 
MT::Template::Context->add_container_tag(ArchiveDateHeader => \&ArchiveDateHeader);
 
use MT::Plugin;
my $plugin = MT::Plugin->new({ name => 'MTArchiveDateHeader' });
MT->add_plugin($plugin);
 
sub ArchiveDateHeader {
   :
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)