MTIncludeタグのnameモディファイア

MTIncludeタグのnameモディファイア

Posted at February 17,2010 2:25 AM
Tag:[MovableType, MTInclude, TemplateTag]

MTIncludeタグのnameモディファイアについて紹介します。

1.MTIncludeタグとモディファイアについて

MTInclude タグはテンプレートから別のテンプレートやファイルを引き込むためのタグです。

公式ドキュメントでは以下のモディファイアが利用可能です。

  • file:指定した外部ファイルを読み込みます
    注:Movable Type 5.13、5.07、および4.38以降のバージョンではfileモディファイアが標準で無効化されています。有効化するには、環境変数AllowFileIncludeの設定が必要です。
  • module:テンプレートモジュールを読み込みます
  • widget:ウィジェットテンプレートを読み込みます
  • identifier:テンプレートの識別名で指定したインデックステンプレートを読み込みます

2.nameモディファイアについて

非公式なモディファイアとして、nameモディファイアが用意されています。

<$mt:Include name="xx"$>

name モディファイアは、管理画面用テンプレートファイルの、テンプレートファイルのインクルードで使われているものです。

使用方法は、指定されたファイルを、アプリケーションディレクトリをルートとして検索し、みつかったらインクルードします。

例えば、テンプレートに次のように記述して再構築すると、「ようこそ」画面が表示されます。

<$mt:Include name="index.html"$>

モディファイアの値にパスを指定することも可能です。

2012.10.03
本文を修正しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)