EntryCategoryID プラグイン v0.10

EntryCategoryID プラグイン v0.10

Posted at April 26,2010 11:55 PM
Tag:[EntryCategoryID, MovableType, Plugin]

現在のブログ記事のメインカテゴリーのID番号を出力する EntryCategoryID プラグインのMovable Type 5対応版を作成しました。このプラグインは、MTEntries ブロック内か、ブログ記事アーカイブで使用できます。

1.基本

このプラグインは次のように利用します。これでメインカテゴリーのID番号を出力します。

<mt:Entries>
  <mt:EntryCategoryID />
</mt:Entries>

2.ブログ記事に同一カテゴリーのブログ記事リストを表示する

このプラグインは「ブログ記事に同一カテゴリーのブログ記事リストを表示(MT4版・改)」で紹介しているようなことを行いたい場合に便利です。

ブログ記事アーカイブに次のサブテンプレートを設定すれば、同一カテゴリーのブログ記事リストを表示します。

<mt:EntryCategoryID setvar="entry_category_id" />
<mt:Entries>
  <mt:EntriesHeader>
<div class="comments">
  <h2 class="comments-header">同一カテゴリのブログ記事</h2>
  <div class="comments-content">
    <ul>
  </mt:EntriesHeader>
  <mt:EntryCategoryID setvar="current_category_id">
    <mt:if name="current_category_id" eq="$entry_category_id">
      <li><a href="<mt:EntryPermalink />"><mt:EntryTitle /></a></li>
    </mt:if>
  <mt:EntriesFooter>
    </ul>
  </div>
</div>
  </mt:EntriesFooter>
</mt:Entries>

3.ダウンロード

EntryCategoryID プラグインは以下のリンクからダウンロードしてください。

EntryCategoryID プラグイン
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)