Movable Type 5実践テクニック

Movable Type 5実践テクニック

Posted at May 9,2010 11:55 PM
Tag:[Amazon, Book, MovableType]

Movable Type 5の書籍「Movable Type 5実践テクニック」の紹介です。紹介が遅れましたが、著者の蒲生さんより献本頂きました。ありがとうございます。

Movable Type 5実践テクニック
蒲生 トシヒロ 藤本 壱 小野崎 直昭 難波田 実香 柳 泰久 柳谷 真志 丹羽 章
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 9820

Movable Typeに精通されている7名の執筆者による書籍です。この本の大きな特徴は、Movable Type 5の新機能である「テーマ」と、記事のインポート機能を使って、サンプルサイトを簡単に再現できるようになっていることではないでしょうか。

1章は、Movable Type5の新機能の解説、特にウェブサイトとブログの連携方法について、プラグインの設定方法や新たに追加されたテンプレートタグの使い方が分かりやすく書かれています。

2章は、各章で扱うテーマの説明と、書籍で用意されているテーマを利用した自己紹介の作成。サンプルのテーマにはカスタムフィールドやアクションストリームの適用方法が詳しく解説されています。後半はSEOを意識した、アーカイブパスやテンプレートタグの設定について紹介されています。多機能なWYSIWYGエディタであるCKEditorの操作方法についても詳しく解説されています。

3章は企業サイトの作成で、ここでもカスタムフィールドの利用方法や、カテゴリの並び替えができるSortCatFldプラグインを使った、サイトマップの表示方法について詳しく解説されています。またCSSの変更によるサンプルサイトのデザインの変更方法もあります。この章でテーマのエクスポートやカスタムフィールドの機能について詳しく解説されています。

4章はカタログサイトの作成です。2章・3章と同様、カスタムフィールドを利用していますが、この章では、SearchEntriesプラグインを利用した、カスタムフィールドの値によるブログ記事検索などについて、多くの誌面を割いています。

5章では、ダッシュボードウィジェットや代替テンプレートを利用した管理画面のカスタマイズ、ブログIDに依存しないカスタマイズ方法ついて記されています。

インストールやアップグレードなど、環境まわりについては、最後のAppendixに掲載されています。

ページ数は432ページもありながら2940円という価格で、コストパフォーマンスも良いです。

この本の読者層は、ウェブサイト制作関係の方と思われますが、Movable Typeビギナーの方でも大丈夫な内容と思われます。現場で利用できるノウハウが満載な1冊です。

Chapter1 これだけは覚えよう
1-1 Movable Type 5の新機能
1-2 Movable Type 5の基本設定
1-3 テンプレート
1-4 テンプレートタグ
1-5 変数と要件分岐
1-6 テンプレートの共有
1-7 Chapter1のまとめ
Chapter2 自己紹介を作ってみよう
2-1 本書で扱うテーマについて
2-2 テーマについて
2-3 テーマのインストール
2-4 カスタムフィールド
2-5 アクションストリーム
2-6 基本機能で行うSEOカスタマイズ
2-7 WYSIWYGエディタ
2-8 カテゴリの並べ替え
2-9 テーマのエクスポート
2-10 Chapter2のまとめ
Chapter3 企業案内を作ってみよう
3-1 本書で作るウェブサイトの概要
3-2 事前準備
3-3 テーマのインストール
3-4 カスタムフィールドの設定
3-5 カテゴリ/フォルダの並べ替え
3-6 Google APIの取得と設定
3-7 プラグインの設定
3-8 メールフォームの作成
3-9 テーマのカスタマイズ
3-10 テーマのエクスポートとカスタマイズ
3-11 カスタムフィールドの使い方
3-12 Chapter3のまとめ
Chapter4 カタログサイトを作ってみよう
4-1 本書で作るウェブサイトの概要
4-2 各種の準備作業
4-3 カスタムフィールドの定義
4-4 各ページの基本構造とテンプレートの関係
4-5 ウェブサイトのメインページのテンプレート
4-6 各テンプレートの主なポイント
4-7 SearchEntriesプラグインの使い方
4-8 検索フォーム/検索結果表示ページ作成の基本
4-9 検索フォームウィジェットの作成
4-10 検索結果表示テンプレートの作成
4-11 その他の留意事項
4-12 Chapter4のまとめ
Chapter5 さらにカスタマイズするために
5-1 ダッシュボードウィジェットの基本
5-2 本格的なダッシュボードウィジェットを作る
5-3 管理画面の一般的なカスタマイズ
5-4 ブログIDへの依存をできるだけ避ける
5-5 Chapter5のまとめ
Appendix
A-1 Movable Type 5のインストール
A-2 旧バージョンからのアップグレード
A-3 ローカル環境の作成(Windows)
A-4 ローカル環境の作成(Mac)
A-5 ブログのコピー(複製)
A-6 おすすめプラグイン
A-7 Movable Type関連の情報源
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)