Joomla!のインストール

Joomla!のインストール

Posted at May 24,2010 1:25 AM
Tag:[Install, Joomla!]

Joomla!(じゅーむら)は、PHPベースのオープンソースCMSで、かなり人気が高いようです。名称はスワヒリ語の「Jumla」が語源で「一斉に」「全体として」という意味が込められているようです。

本家のサイト
本家のサイト

日本語サイト
日本語サイト

本エントリーではJoomla!のインストール手順を示します。インストール前に予めMySQLでデータベースを作成してください。実験時のバージョンは1.5.17です。

1.インストール

Joomla!のサイトの左側にある「in Japanese」をクリックして日本語版をダウンロードします。

ダウンロード

アーカイブを解凍して、サーバにアップロードします。その後、ブラウザからJoomla!をインストールしたディレクトリにアクセスすれば、インストールウィザードが開始します。

言語の選択をします。日本語版はデフォルトで「Japanese(JP)」が選択されているので、そのまま「次へ」をクリックします。

言語の選択

事前確認でインストールの必須条件や推奨条件を表示します。必須条件がすべて「はい」となていれば、そのまま「次へ」をクリックします。

インストールの必須条件や推奨条件

ライセンスの確認をして、「次へ」をクリックします。

ライセンスの確認

データベース設定を行い、「次へ」をクリックします。

データベース設定

Linuxのバーミッション制限やPHPのセーフモードで制限されたユーザーがJoomla!を利用できるようにFTP設定を行います。インストール環境がWindowsであれば設定は不要です。設定が完了したら「次へ」をクリックします。

FTP設定

全般設定で、Joomlaサイトのサイト名、サイトURL、管理者情報を設定します。また、初めてインストールする場合はサンプルデータのインストールが推奨されています。サンプルをインストールする場合、ラジオボタンの「サンプルデータのインストール」を選択して、「サンプルデータインストール」をクリックします。

サンプルデータのインストール

サンプルデータのインストールが完了したら「次へ」をクリックします。

インストール

インストール完了です。右上の「サイト」は作成したサイトのトップページ(=フロントページ)、「管理」は管理画面にジャンプします。移動前にinstallationディレクトリィは必ず削除してください。また、管理者ログイン情報はログイン時に使用します。

インストール完了

2.管理画面のログイン

インストール完了時の「管理」をクリックするか、インストールURLの末尾に「/administrator」を加えてアクセスすればログイン画面が表示されます。

ログイン

これで管理画面にログインできました。

管理画面

3.フロントページ

管理画面右上にある「プレビュー」をクリックするとフロントページ(トップページ)が表示されます。色々表示されているのはサンプルデータをインストールしているからです。サンプルを

フロントページ

サンプルデータをインストールしなかった場合のフロントページは次のようになります。

フロントページ(サンプルデータなし)

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)