Google カスタム検索が爆速な件

Google カスタム検索が爆速な件

Posted at May 31,2010 2:22 AM
Tag:[Google]

Google カスタム検索を試してみました。

Google カスタム検索

Google カスタム検索は、自サイト専用の検索エンジン(検索フォームと検索結果表示)を作るためのサービスです。検索速度はMovable Typeなどの自ブログの検索機能を利用するよりも格段に早いので、検索結果内容をきめ細かくカスタマイズしなくても良いのであれば、Google カスタム検索をおすすめします。

当サイトの検索を行うサンプルページを作成したので、試してみてください。

サンプル

以下、作成方法です。このサービスを利用するにはGoogleアカウントの作成が必要です。

1.登録

Google カスタム検索のページから「カスタム検索エンジンの作成」をクリック。

カスタム検索エンジンの作成開始

カスタム検索エンジンの作成に必要な情報を入力して、「次へ」をクリックします。

  • 検索エンジンの名前:作成する検索エンジンに適当な名前を入力します。ここでは「小粋空間検索エンジン」とします。この内容は検索結果の最上段に表示されます。
  • 検索エンジンの説明:作成する検索エンジンの説明を入力します。
  • 検索エンジンの言語:検索エンジンの言語を選択します。ここでは「日本語」を選択します。
  • 検索対象:「選択したサイトのみ」は、次の項目で設定する検索サイトのみを検索対象にします。自サイト用の検索エンジンを作成する場合はこちらを選択します。
  • 検索するサイト:検索サイトのドメインを設定します。「+URLのフォーマットについて」のアイコンをクリックすれば詳細な設定方法が表示されます。
  • エディション:無料または有料のどちらかを選択します。

カスタム検索エンジンの作成

これで基本設定ができましたので、「完了」をクリックします。

完了

2.コードの取得

次に、検索フォームおよび検索結果表示用のコードを取得します。検索結果表示方法をきめ細かく設定する方法は3項で説明するので、まずは検索結果フォームと検索結果表示用のコード取得について流れのみ紹介します。

「完了」をクリックしたら作成した検索エンジンの管理画面に移動します。「コントロール パネル」をクリックします。

検索エンジンの管理画面

「コードの取得」をクリックします。ちなみに、この画面でさきほど設定した内容を変更することもできます。

コードの取得

表示されたコードを、ご自身のブログの任意の位置に貼り付けます。検索結果はフォームの下に表示されます。

表示されたコード

3.カスタマイズ

検索結果は自分のブログと同じデザインで表示したいと思います。また、検索結果を検索フォームと別のページに表示したい場合もあると思います。そのようなカスタマイズを行いたい場合は、左ペインの「デザイン」をクリックし、次の画面で「ホスティング オプションの選択」から次のいずれかを選択します。2項で取得したコードはお試しなので一旦捨ててください。

「検索要素。」を選択した場合、検索フォームと同じページに検索結果を表示します。「検索要素のレイアウトの選択」には3種類あります。

「検索要素。」を選択

「全幅」「コンパクト」を選択した場合は、検索フォームの直下に検索結果を表示します。左側の「コードの取得」またはページ下の「コードを取得」をクリックすれば、ページに貼り付けるコードが表示されます。

コードの取得

「2列」を選択した場合は、同一ページ内の任意の位置に検索結果を表示することができます。「コードを取得」では、ページに貼り付けるコードが2つ表示されます。ひとつは検索フォーム用、もうひとつ検索結果表示用です。

コードを取得

「iframe。」を選択した場合、検索フォームと異なるページに検索結果を表示することができます。

「iframe。」を選択

「コードを取得」では、ページに貼り付けるコードが2つ表示されます。ひとつは検索フォーム、もうひとつは検索結果表示ページ用です。

コードを取得

「iframe。」を選択した場合、「検索結果の詳細設定」の部分に、検索結果を表示するページのURLを設定します。このページは検索結果表示用に新たに1ページ作成するか、既存のページを指定してください。

検索結果の詳細設定

以上です。メニューから分かるとおり、他にも色々な設定項目があるので試してみてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

googleカスタム検索導入 from + ひいろんBLOG +
サイトをリニューアルする上で、設置したかった検索窓。。実はブログのトップページをサイトに…って構想があった時期にてんこ盛り(?)の検索窓を設置したんですけ... [続きを読む]

Tracked on May 24, 2012 6:56 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)