環境変数EntriesPerRebuildでMovable Typeの再構築時間を短縮する

環境変数EntriesPerRebuildでMovable Typeの再構築時間を短縮する

Posted at August 31,2010 2:55 AM
Tag:[EntriesPerRebuild, MovableType, Rebuild]

Movable Typeのスタティックパブリッシング(静的生成)の再構築時間は、環境変数EntriesPerRebuildを設定することで短縮できる場合があります。

移転先のサーバで実験してみましたので、報告します。ただし、共有型のレンタルサーバでは500エラーになる可能性もありますのでご注意ください。

1.EntriesPerRebuildについて

環境変数EntriesPerRebuildは、1回のプロセスでブログ記事アーカイブを再構築するブログ記事数を設定します。デフォルトは「40」です。

この値を変更するには、mt-config.cgiにEntriesPerRebuildを設定します。「100」にする場合は次のように記述します。

EntriesPerRebuild 100

2.EntriesPerRebuildと月別アーカイブの関係

環境変数EntriesPerRebuildは、ブログ記事アーカイブだけでなく、月別アーカイブ(月別ブログ記事リスト)にも関係します。具体的には、指定した値のブログ記事に対応する月別アーカイブページを生成します。

この件については、小川さんの以下のページが参考になるでしょう。

Ogawa::Buzz - 今さらですがMTOS 4.23に乗り換えました

3.再構築時間測定

EntriesPerRebuildの値を振って、ブログ記事アーカイブと月別アーカイブの再構築時間を測定しました。占有型のマネージドサーバなので、ブレのない値がとれていると思います。再構築対象データの条件は次の通りです。

  • ブログ記事数:約3000件
  • 月数:82ヶ月

ブログ記事アーカイブの再構築時間は次の通りです。100あたりで頭打ちになっています。

ブログ記事アーカイブ再構築時間

月別アーカイブの再構築時間は次の通りです。再構築時間の単位は秒です。

月別アーカイブ再構築時間

こちらは400~500あたりで頭打ちになっています。

ということで、月別アーカイブの再構築時間を考えると、EntriesPerRebuildには400~500を設定すると良いようです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)