IS01購入レポート

IS01購入レポート

Posted at November 21,2010 1:55 AM
Tag:[au, IS01]

ネットで「auのAndroid端末IS01が毎月8円で使える」ということを知り、某家電量販店で衝動買いしてしまいました。探し回るのは面倒だったので端末価格は0円ではなかったのですが、多少割引してました。

IS01

8円となる内訳は次のとおりです。

プランEシンプル・誰でも割(780円/月)+IS NETコース(315円/月)-IS01/02割(-1095/月)+8円(ユニバーサルサービス使用料)=8円

以下、ポイントと使用感などをまとめておきます。

1.オプション等の解約について

購入前に店員さんに「8円で使います」と言い切ったので、その後「何かいりませんか?」と言われてもすべて断り続けましたが、「割引価格で買うには、以下のオプションだけは契約時につけてもらう必要があります。その代わり翌日以降に解約できます」とのことで、購入店では以下のオプションサービスの加入が条件でした。

  • 安心ケータイサポート
  • オプションサービス(まちうた)
  • 指定通話定額

auを使っている方なら知っていると思いますが、安心ケータイサポート(315円/月)は1年経過すると1000ポイントもらえて、電池パック(IS01は2100円)も1個もらえる(申し込みは必要)ので、1年経過すれば元がとれ、その後解約する手もあるとのことです。

「月割りのサービスは今月中に解約すれば料金は発生しません」とのことです。また、オプション解約の手続きは電話(au携帯からは157/他の電話からは0077-7-111(無料))でもOKということです。

2010.11.21追記
「まちうた」「指定通話定額」の廃止と「誰でも割」の自動延長停止の手続きを行いました。「指定通話定額」は料金かからず、「まちうた」は日割り計算になるようです。

2.IS01/IS02割終了時の解約について

IS01/IS02割終了時にさくっと解約するつもりなので、2年後の解約についてどうすればよいのか聞いたところ、

「auショップに本人が直接行ってください。」

と言われました。

また、解約は契約月に行ってくださいとのことです。11月20日に購入したので「2012年の11月中に解約に行ってください」と言われました。

なお、冒頭のリンク先にもあるように、「誰でも割」の自動延長停止の手続きも行いましょう。

3.購入後に行うこと

不要なパケット通信が発生しないよう、電源を切り、au ICカード(SIM)を抜きます。私は端末を受け取るときに「電源は切っておいてください」とお願いしました。

au ICカードは裏ブタをはずして、電池パックを抜いたところにあります。

au ICカード

抜いた状態で電源を入れると「カードを挿入してください」というメッセージが表示されますが、カードを挿入せず「OK」をタッチします。

IS01

これでメイン画面が表示されます。画面左下にある電卓のようなアイコンをタッチすれば冒頭の画像のようなメニューが表示されます。

IS01

4.無線LANの設定

IS01は無線LAN経由でインターネットに接続することができます。メニューから「設定」→「通信」→「Wi-Fi設定」を選択します。

IS01

そして「Wi-Fi利用」をチェックします。チェックするとその下に利用可能なネットワークがずらずらと表示されるので利用したいネットワークを選択します。

IS01

公衆無線LANに接続するには、「公衆無線LAN自動ログイン設定」を選択します。

私は家で無線LANを使っていなかったので、これを機会に「無線LANマルチポケットルータ」を購入し、有線ブロードバンドルータに接続してアクセスポイントとして利用することにしました。

これでノートPCも無線LAN経由で接続できるようになりました。この製品については別エントリーで紹介したいと思います。

5.IS01の感想

無線LANからインターネットにアクセスしてみました。当たり前ですが、今使っているT-01A(Windows Mobile)よりもパネルの操作感が各段にいいです。YouTubeやTwitter、mixiなどもいい感じで閲覧できます。Twitterはtwit SHというアプリケーションが用意されていますが、公式サイトの画面からでも使いやすいです。

画面の拡大・縮小も可能です。ただし縦横の方向を変えることはできません。端末の向きによって画面の方向も変更できます。

Twitter
Twitter

YouTube
YouTube

Googleマップ
Googleマップ

au ICカードを外した状態でも、ワンセグを見ることができます(通信料やパケット通信料は発生しませんが、データ放送などの付加サービス利用は除く)。個人的には、今使っているDoCoMoのスマートフォンT-01はワンセグがなく、以前使っていたP903iTVはSIMカード抜くとワンセグが見れなくなってしまったので、これは大変助かります。

Googleマップ

その他、カメラ(527万画素)・動画・メールなど、電話以外の機能はすべて使えると思います。

6.付属品

付属品には以下があります。これだけでも各600円として、1800円相当の価値があります。

  • microSD(4GB)
  • microUSB-USB変換ケーブル
  • microUSB-18芯(充電器)変換ケーブル

ACアダプタは付属していません。0円のところではおまけでつけてくれているみたいですが、私が購入したところでは別売りでしたので購入しました(945円)。

7.その他

IS01はOSアップデートは行われません。

また、IS02はWindows Mobile端末です。間違って買わないように気をつけましょう。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

>ただし縦横の方向を変えることはできません。

設定->(画面)表示 に 画面の向き のようなチェックボックスはないですか?
大抵のandroid端末にはあると思うのですが

[1] Posted by android使い : November 21, 2010 9:01 AM

>android使いさん
こんにちは。
ご指摘ありがとうございます!
たしかにありました。すいません。
記事も修正致しました。

[2] Posted by yujiro logo : November 21, 2010 1:48 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)