GitHubのMovable TypeソースコードをWindowsで利用する

GitHubのMovable TypeソースコードをWindowsで利用する

Posted at January 6,2011 1:55 AM
Tag:[github, MovableType, MTOS]

Movable Typeのソースコード管理がSubversion環境からGitHubに移行しました。

GitHub

本エントリーでは、Windows環境でGitHub上のMovable Typeソースコードを利用する方法を紹介します。利用可能なソースコードはMTのコア機能です。

1.msysgit(Github for Windows)のダウンロード・インストール

Github を Windows で利用する(Git GUI編)」を参照し、1項と2項を実行してください。

2.UnxUtils / UnxUpdatesのインストール

UnxUtils / UnxUpdates による MTOS のビルド」の1項と2項を実行してください。この作業はWindows上でLinux(Unix)コマンドを実行させるためのものです。

「2.パスを通す」ですが、WIndows VISTAやWindows 7であれば、「スタート」→「コンピュータ」を右クリック→「プロパティ」で開いた画面の「システムの詳細設定」をクリックすれば目当ての画面にたどり着くと思います。

システム画面

3.Movable Typeのソースコードのクローン

クローンは対象リポジトリの内容をローカルにコピーする行為です。

「スタートメニュー」→「Git」→「Git Bash」でGit用のコマンドプロンプトを開きます。

スタートメニュー

次のように、Windowsのコマンドプロンプトのような画面が開きます。必要に応じてcdコマンドで任意のフォルダに移動してください。

Git Bash画面

クローンするには次のコマンドを実行します。

$ git clone http://github.com/movabletype/movabletype.git

クローン実行

こんな感じで実行されます。

クローン実行

これで「movabletype」というフォルダの中にソースコードが取り込まれます。コマンドが完了したら次のコマンドを実行します。

$ cd movabletype
$ make me

これでmakeが実行されます。「BUILD_LANGUAGE=ja」を指定する必要はないようです。

make実行画面

こんな感じで終了します。

make実行画面

4.Movable Typeのインストール

makeが完了したら、movabletypeフォルダをXAMPPのhtdocsフォルダ直下にコピーして、ブラウザからhttp://localhost/movabletype/にアクセスすればいつものインストールが開始します。

以下は実際にインストールしたものです。バージョン表示は5.04ですが開発中のMTが表示されています。

インストール後の管理画面

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)