WordPressの記事プレビューを別ウィンドウで行える「wp_change_preview_targetプラグイン」

WordPressの記事プレビューを別ウィンドウで行える「wp_change_preview_targetプラグイン」

Posted at January 11,2011 12:55 AM
Tag:[Plugin, WordPress, wp_change_preview_target]

WordPressの記事プレビューを別ウィンドウで行える「wp_change_preview_targetプラグイン」を公開します。

wp_change_preview_targetプラグイン

1.機能

WordPressの既存の記事投稿画面には、デフォルトでプレビュー機能がついています。

プレビュー機能

「変更をプレビュー」をクリックすれば、FirefoxやChromeでは新しいタブ(IEでは別ウィンドウ)が開きますが、プレビューを確認するために毎回タブを切り替える必要があり、ちょっと面倒です(「変更をプレビュー」を右クリックすれば新しいウィンドウを開くこともできますが、毎回新しいウィンドウが開いてしまいます)。

このプラグインを利用すれば、冒頭の画面のように新しいウィンドウを開いた後、常に同じウィンドウにプレビューを表示することができます。これにより記事編集作業の効率化が期待できます。

2.プラグインのダウンロード

github のwp_change_preview_targetプラグインのページに移動します。

wp_change_preview_targetプラグインのページ

「ダウンロード」のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。なお、プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.プラグインのインストール

ダウンロードしたプラグインを展開し、中にあるwp_change_preview_targetフォルダをwp-content/pluginsディレクトリにアップロードしてください。

プラグインの一覧を開いて「Change Preview Target」の有効化をクリック。

プラグインの一覧

これでイントール完了です。

プラグインの一覧

記事編集画面に「公開(別ウィンドウプレビューつき)」というセクションが追加されるので、任意の位置に移動して利用してください。

投稿画面

プレビュー以外の部分は、デフォルトの「公開」セクションと同じ機能です。

4.注意事項

デフォルトの「公開」セクションを使ってプレビュー画面を開いている状態で、本プラグインのプレビューを行った場合、別ウィンドウでは表示されません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)