Movable Typeの日付タグフォーマットの西暦を元号で表示する

Movable Typeの日付タグフォーマットの西暦を元号で表示する

Posted at January 27,2011 12:03 AM
Tag:[Customize, MovableType, MTDate]

Movable Typeの日付タグフォーマットの西暦を元号(昭和・平成)で表示するカスタマイズです。

変換前
変換前

変換後
変換後

以下、カスタマイズ方法です。

1.西暦を平成に変換する

例えば、ブログ記事の日付の西暦を元号で表示する場合は、次のサブテンプレートを利用してください。

<mt:Entries>
<mt:EntryDate format="%Y" setvar="year" />
平成<mt:GetVar name="year" op="-" value="1988" />年
</mt:Entries>

2.西暦を昭和および平成に変換する

冒頭の画像のように、昭和および平成に対応するには、1989年を境に3種類の判定文で分岐させます。さらに1989年は次のように判定します。

  • 1月7日まで:昭和64年
  • 1月8日以降:平成元年

サブテンプレートは次のようになります。

<mt:Entries>
<mt:EntryDate format="%Y" setvar="year" />
<mt:EntryDate format="%m" setvar="month" />
<mt:EntryDate format="%d" setvar="date" />
<mt:if name="year" eq="1989">
  <mt:if name="month" eq="1">
    <mt:if name="date" lt="8">
昭和64年
    <mt:else>
平成元年
    </mt:if>
  <mt:else>
平成元年
  </mt:if>
</mt:if>
<mt:if name="year" lt="1989">
昭和<mt:GetVar name="year" op="-" value="1925" />年
</mt:if>
<mt:if name="year" gt="1989">
平成<mt:GetVar name="year" op="-" value="1988" />年
</mt:if>
</mt:Entries>

月日を加えたい場合は、サブテンプレートの最後の部分を

…前略…
<mt:EntryDate format="%m月%d日" />
</mt:Entries>

としてください。また、このまま使うと年と月の間に空白が生じるので、すべての改行を除去するとよいでしょう。

3.その他

お遊び的なものとしては、次のようにregex_replaceモディファイアを複数並べて変換することも可能です。

<mt:Entries>
平成<mt:EntryDate
regex_replace="/1989/","01"
regex_replace="/1990/","02"
regex_replace="/1991/","03"
regex_replace="/1992/","04"
regex_replace="/1993/","05"
regex_replace="/1994/","06"
regex_replace="/1995/","07"
regex_replace="/1996/","08"
regex_replace="/1997/","09"
regex_replace="/1998/","10"
regex_replace="/1999/","11"
regex_replace="/2000/","12"
regex_replace="/2001/","13"
regex_replace="/2002/","14"
regex_replace="/2003/","15"
regex_replace="/2004/","16"
regex_replace="/2005/","17"
regex_replace="/2006/","18"
regex_replace="/2007/","19"
regex_replace="/2008/","20"
regex_replace="/2009/","21"
regex_replace="/2010/","22"
regex_replace="/2011/","23"
/>
</mt:Entries>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)