Objectプラグイン v0.03

Objectプラグイン v0.03

Posted at February 1,2011 1:55 AM
Tag:[MovableType, Object, Plugin]

Movable Typeのデータベースに対し、任意のフィールドを指定してデータを取得できるObjectプラグインをバージョンアップしました。

1.変更点

MTObjectsタグで次のモディファイアを指定可能にしました。

  • start:収集対象オブジェクトの開始日付(YYYYMMDDHHMMSS)
  • end:収集対象オブジェクトの終了日付(YYYYMMDDHHMMSS)
  • incl:「1」を設定すれば検索条件にstartとendで指定した時刻を含みます「0」または指定なしの場合、startとendで指定した時刻を含みません
  • sort:ソート条件。startとendを指定している場合は「authored_on」「created_on」「modified_on」のみ指定可能
  • status:記事の公開状態(1:下書き/2:公開/4:日時指定)

また、MTObjectsタブブロック内でMTElseタグを使えるようにしました。

2.使用例

ブログ記事を出力するMTEntriesタグでは日付による範囲指定を行えませんが、MTObjectsタグを利用すれば日付による範囲指定が可能になります。

例えば、ブログ記事ページで1年前のブログ記事タイトルを出力する場合は次のように設定します。

<mt:EntryDate format="%Y" setvar="year" />
<mt:EntryDate format="%m%d" setvar="month_day" />
<mt:SetVar name="year" op="--" />
<mt:SetVarBlock name="start"><mt:GetVar name="year" /><mt:GetVar name="month_day" />000000</mt:SetVarBlock>
<mt:SetVarBlock name="end"><mt:GetVar name="year" /><mt:GetVar name="month_day" />235959</mt:SetVarBlock>
<mt:Objects name="entry" status="2" sort="authored_on" start="$start" end="$end" incl="1">
  <mt:if name="__first__">
1年前の今日の記事は
  </mt:if>
  <a href="<mt:EntryPermalink>"><mt:EntryTitle /></a>
  <mt:if name="__last__">
です。
  <mt:else>,
  </mt:if>
  <mt:else>
1年前の記事はありません。
</mt:Objects>

追加した各モディファイアは、ブログ記事コンテキストでのみ動作確認しています。

3.プラグインのダウンロード

最新版のプラグインは下記のページよりダウンロードしてください。

Object プラグイン
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)