Movable Typeでアイテム更新時に関連記事を再構築する「RebuildByUpdateAssetプラグイン」

Movable Typeでアイテム更新時に関連記事を再構築する「RebuildByUpdateAssetプラグイン」

Posted at June 4,2011 2:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin, RebuildByUpdateAsset]

Movable Type 5で、アイテム更新時に関連記事を再構築する「RebuildByUpdateAssetプラグイン」を公開します。

1.機能

アイテム更新時(ファイルのアップロード含む)に、該当アイテムを関連付けているブログ記事またはウェブページを再構築します。

記事中に画像の情報(ファイル名・タグなど)やMTタグで生成したサムネイルを表示している場合は、アイテム更新後に記事の再構築を行う手間が省けます。

自明と思われますが、記事中から元画像を直接参照しており、その画像を差し替える場合はこのプラグインを使う必要はありません(ファイルをアップロードすることで画像が切り替わるため)。再構築を行わないと変更が反映されない場合のみご利用ください。

利用可能バージョンはMT5.xです。MT4.xはアイテムを関連付ける機能がないため、利用できません。

2.価格

  • 個人無償版/有償版での非商用利用/Movable Type Open Source:無償
  • 有償版での商用利用:1000円/1サーバ(税抜き、事前に動作確認してください)

無償でご利用の場合も、プラグインのご利用についてご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.ダウンロード・インストール

以下のリンクからダウンロードし、展開した中にあるRebuildByUpdateAssetフォルダをpluginsディレクトリにアップロードしてください。

RebuildByUpdateAsset_0_01.zip

システム管理画面の「ツール」→「プラグイン」で「RebuildByUpdateAsset~」が表示されればインストール完了です。

4.注意事項

現在のバージョンで再構築対象となるのは、ブログ記事またはウェブページのみです。今後、他のアーカイブやインデックステンプレートも再構築対象にする予定です。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)