WordPressのTwenty Elevenテーマ解説:ヘッダー (header.php):その3

WordPressのTwenty Elevenテーマ解説:ヘッダー (header.php):その3

Posted at September 21,2011 3:33 AM
Tag:[TwentyEleven, WordPress]

WordPressの勉強も兼ねて、Twenty Elevenテーマの各テンプレートについて解説しています。確認バージョンは3.2.1です。

今回は「WordPressのTwenty Elevenテーマ解説:ヘッダー (header.php):その2」の続きです。

ヘッダー (header.php):その3

Twenty Elevenテーマの「ヘッダー (header.php)」は、スクリーンショットの赤枠で示す、WordPressのすべてのページのヘッダー部分(DOCTYPE~<div id="main">まで)に対応しています。

ヘッダー

テンプレートのソースコードは次のとおりです。この回で説明するのは青色で示す部分です。

<?php
/**
 * The Header for our theme.
 *
 * Displays all of the <head> section and everything up till <div id="main">
 *
 * @package WordPress
 * @subpackage Twenty_Eleven
 * @since Twenty Eleven 1.0
 */
?><!DOCTYPE html>
<!--[if IE 6]>
<html id="ie6" <?php language_attributes(); ?>>
<![endif]-->
<!--[if IE 7]>
<html id="ie7" <?php language_attributes(); ?>>
<![endif]-->
<!--[if IE 8]>
<html id="ie8" <?php language_attributes(); ?>>
<![endif]-->
<!--[if !(IE 6) | !(IE 7) | !(IE 8)  ]><!-->
<html <?php language_attributes(); ?>>
<!--<![endif]-->
<head>
<meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>" />
<meta name="viewport" content="width=device-width" />
<title><?php
    /*
     * Print the <title> tag based on what is being viewed.
     */
    global $page, $paged;
 
    wp_title( '|', true, 'right' );
 
    // Add the blog name.
    bloginfo( 'name' );
 
    // Add the blog description for the home/front page.
    $site_description = get_bloginfo( 'description', 'display' );
    if ( $site_description && ( is_home() || is_front_page() ) )
        echo " | $site_description";
 
    // Add a page number if necessary:
    if ( $paged >= 2 || $page >= 2 )
        echo ' | ' . sprintf( __( 'Page %s', 'twentyeleven' ), max( $paged, $page ) );
 
    ?></title>
<link rel="profile" href="http://gmpg.org/xfn/11" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="all" href="<?php bloginfo( 'stylesheet_url' ); ?>" />
<link rel="pingback" href="<?php bloginfo( 'pingback_url' ); ?>" />
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/js/html5.js" type="text/javascript"></script>
<![endif]-->
<?php
    /* We add some JavaScript to pages with the comment form
     * to support sites with threaded comments (when in use).
     */
    if ( is_singular() && get_option( 'thread_comments' ) )
        wp_enqueue_script( 'comment-reply' );
 
    /* Always have wp_head() just before the closing </head>
     * tag of your theme, or you will break many plugins, which
     * generally use this hook to add elements to <head> such
     * as styles, scripts, and meta tags.
     */
    wp_head();
?>
</head>
 
<body <?php body_class(); ?>>
<div id="page" class="hfeed">
    <header id="branding" role="banner">
            <hgroup>
                <h1 id="site-title"><span><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>" title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a></span></h1>
                <h2 id="site-description"><?php bloginfo( 'description' ); ?></h2>
            </hgroup>
 
            <?php
                // Check to see if the header image has been removed
                $header_image = get_header_image();
                if ( ! empty( $header_image ) ) :
            ?>
            <a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
                <?php
                    // The header image
                    // Check if this is a post or page, if it has a thumbnail, and if it's a big one
                    if ( is_singular() &&
                            has_post_thumbnail( $post->ID ) &&
                            ( /* $src, $width, $height */ $image = wp_get_attachment_image_src( get_post_thumbnail_id( $post->ID ), array( HEADER_IMAGE_WIDTH, HEADER_IMAGE_WIDTH ) ) ) &&
                            $image[1] >= HEADER_IMAGE_WIDTH ) :
                        // Houston, we have a new header image!
                        echo get_the_post_thumbnail( $post->ID, 'post-thumbnail' );
                    else : ?>
                    <img src="<?php header_image(); ?>" width="<?php echo HEADER_IMAGE_WIDTH; ?>" height="<?php echo HEADER_IMAGE_HEIGHT; ?>" alt="" />
                <?php endif; // end check for featured image or standard header ?>
            </a>
            <?php endif; // end check for removed header image ?>
 
            <?php
                // Has the text been hidden?
                if ( 'blank' == get_header_textcolor() ) :
            ?>
                <div class="only-search<?php if ( ! empty( $header_image ) ) : ?> with-image<?php endif; ?>">
                <?php get_search_form(); ?>
                </div>
            <?php
                else :
            ?>
                <?php get_search_form(); ?>
            <?php endif; ?>
 
            <nav id="access" role="navigation">
                <h3 class="assistive-text"><?php _e( 'Main menu', 'twentyeleven' ); ?></h3>
                <?php /*  Allow screen readers / text browsers to skip the navigation menu and get right to the good stuff. */ ?>
                <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#content" title="<?php esc_attr_e( 'Skip to primary content', 'twentyeleven' ); ?>"><?php _e( 'Skip to primary content', 'twentyeleven' ); ?></a></div>
                <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#secondary" title="<?php esc_attr_e( 'Skip to secondary content', 'twentyeleven' ); ?>"><?php _e( 'Skip to secondary content', 'twentyeleven' ); ?></a></div>
                <?php /* Our navigation menu.  If one isn't filled out, wp_nav_menu falls back to wp_page_menu. The menu assiged to the primary position is the one used. If none is assigned, the menu with the lowest ID is used. */ ?>
                <?php wp_nav_menu( array( 'theme_location' => 'primary' ) ); ?>
            </nav><!-- #access -->
    </header><!-- #branding -->
 
    <div id="main">

1.body要素のclass属性値の出力

body_class()でbody要素のclass属性を設定します。

<body <?php body_class(); ?>>

メインページでは次のような出力になります。

<body class="home blog single-author two-column right-sidebar">

記事ページでは次のような出力になります。

<body class="single single-post postid-6 single-format-gallery logged-in admin-bar single-author singular two-column right-sidebar">

body_class()はwp-includes/post-template.phpに実装されています。

wp-includes/post-template.php

function body_class( $class = '' ) {
    // Separates classes with a single space, collates classes for body element
    echo 'class="' . join( ' ', get_body_class( $class ) ) . '"';
}

中で起動されているget_body_class()も同じファイルに実装されています(長いので掲載は割愛)。

2.ブログタイトルとキャッチフレーズの出力

ブログタイトルとキャッチフレーズ

次の部分でブログタイトルとキャッチフレーズを出力します。

            <hgroup>
                <h1 id="site-title"><span><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>" title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a></span></h1>
                <h2 id="site-description"><?php bloginfo( 'description' ); ?></h2>
            </hgroup>

esc_url()でラップされているhome_url()は、wp-includes/link-template.phpに実装されています。

wp-includes/link-template.php

function home_url( $path = '', $scheme = null ) {
    return get_home_url(null, $path, $scheme);
}

中で起動されているget_home_url()も同じファイルに実装されていて、中ではget_option()またはget_blog_option()の値を利用しています。プロトコル(http/https)は、is_ssl()とis_admin()で決定しています。is_ssl()はセキュアなアクセスである場合に実行し、プロトコル(http/https)を振り分けます。

function get_home_url( $blog_id = null, $path = '', $scheme = null ) {
    $orig_scheme = $scheme;
 
    if ( !in_array( $scheme, array( 'http', 'https' ) ) )
        $scheme = is_ssl() && !is_admin() ? 'https' : 'http';
 
    if ( empty( $blog_id ) || !is_multisite() )
        $url = get_option( 'home' );
    else
        $url = get_blog_option( $blog_id, 'home' );
 
    if ( 'http' != $scheme )
        $url = str_replace( 'http://', "$scheme://", $url );
 
    if ( !empty( $path ) && is_string( $path ) && strpos( $path, '..' ) === false )
        $url .= '/' . ltrim( $path, '/' );
 
    return apply_filters( 'home_url', $url, $path, $orig_scheme, $blog_id );
}

esc_url()はURLに含まれる文字列をURIエンコードする役割があり、wp-includes/formatting.phpに実装されています。esc_attr()は属性値として設定する文字列をエスケープする役割があり、同じファイルに実装されています。

get_bloginfo( 'name', 'display' ) )でブログ名をa要素のtitle属性に設定します。 bloginfo( 'name' )はブログ名、bloginfo( 'description' )はキャッチフレーズを出力します。get_bloginfo()とbloginfo()は既出のため、解説は省略します。

3.ヘッダ画像の出力

ヘッダ画像

以下の部分でヘッダ画像を出力します。記事ページではアイキャッチ画像を表示することもできます。アイキャッチ画像の詳細については別途エントリーしたいと思います。

            <?php
                // Check to see if the header image has been removed
                $header_image = get_header_image();
                if ( ! empty( $header_image ) ) :
            ?>
            <a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
                <?php
                    // The header image
                    // Check if this is a post or page, if it has a thumbnail, and if it's a big one
                    if ( is_singular() &&
                            has_post_thumbnail( $post->ID ) &&
                            ( /* $src, $width, $height */ $image = wp_get_attachment_image_src( get_post_thumbnail_id( $post->ID ), array( HEADER_IMAGE_WIDTH, HEADER_IMAGE_WIDTH ) ) ) &&
                            $image[1] >= HEADER_IMAGE_WIDTH ) :
                        // Houston, we have a new header image!
                        echo get_the_post_thumbnail( $post->ID, 'post-thumbnail' );
                    else : ?>
                    <img src="<?php header_image(); ?>" width="<?php echo HEADER_IMAGE_WIDTH; ?>" height="<?php echo HEADER_IMAGE_HEIGHT; ?>" alt="" />
                <?php endif; // end check for featured image or standard header ?>
            </a>
            <?php endif; // end check for removed header image ?>

get_header_image()は画像のURLを収集する役割があり、変数$header_imageに次のようなURLを設定します。

http://user-domain/wp/wp-content/themes/twentyeleven/images/headers/trolley.jpg

get_header_image()はwp-includes/theme.phpに実装されています。

wp-includes/theme.php

function get_header_image() {
    $default = defined( 'HEADER_IMAGE' ) ? HEADER_IMAGE : '';
    $url = get_theme_mod( 'header_image', $default );
 
    if ( 'remove-header' == $url )
        return false;
 
    if ( is_random_header_image() )
        $url = get_random_header_image();
 
    if ( is_ssl() )
        $url = str_replace( 'http://', 'https://', $url );
    else
        $url = str_replace( 'https://', 'http://', $url );
 
    return esc_url_raw( $url );
}

HEADER_IMAGEはテーマのfunctions.phpのtwentyeleven_setup()に定義されています(ただし値は空)。

function twentyeleven_setup() {
    //...
    define( 'HEADER_IMAGE', '' );

get_theme_mod()はテーマのオプションを取得する関数で、後述します。

remove-headerの判定は、「外観」→「ヘッダー」で「ヘッダー画像を削除」をクリックした場合に実行されるものと思われます(間違っていたらすいません)。

ヘッダー画像を削除

is_random_header_image()は同じ管理画面で「ランダム」を選択している場合に実行される関数で、wp-includes/theme.phpに実装されています。

ランダム

return時のesc_url_raw()は、esc_url()をラップした関数で、wp-includes/formatting.phpに実装されています。

function esc_url_raw( $url, $protocols = null ) {
    return esc_url( $url, $protocols, 'db' );
}

話を戻して、変数$header_imageに値が設定されていれば(=ヘッダ画像のURLがあれば)、home_url()とesc_url()を組み合わせて、ブログのメインページのリンクを出力します。

                if ( ! empty( $header_image ) ) :
            ?>
            <a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
                // ...
            </a>
            <?php endif; // end check for removed header image ?>

リンクのコンテンツの出力部分は以下です。

                <?php
                    // The header image
                    // Check if this is a post or page, if it has a thumbnail, and if it's a big one
                    if ( is_singular() &&
                            has_post_thumbnail( $post->ID ) &&
                            ( /* $src, $width, $height */ $image = wp_get_attachment_image_src( get_post_thumbnail_id( $post->ID ), array( HEADER_IMAGE_WIDTH, HEADER_IMAGE_WIDTH ) ) ) &&
                            $image[1] >= HEADER_IMAGE_WIDTH ) :
                        // Houston, we have a new header image!
                        echo get_the_post_thumbnail( $post->ID, 'post-thumbnail' );
                    else : ?>
                    <img src="<?php header_image(); ?>" width="<?php echo HEADER_IMAGE_WIDTH; ?>" height="<?php echo HEADER_IMAGE_HEIGHT; ?>" alt="" />
                <?php endif; // end check for featured image or standard header ?>

次の4つの条件を満たす場合、get_the_post_thumbnail()でアイキャッチ画像を出力します。

  • 記事ページである(is_singular())
  • 記事に画像が添付されている(post-thumbnail-template.php/has_post_thumbnail())
  • 画像の情報(URL、高さ、幅)を取得できる
  • 取得した画像の幅がHEADER_IMAGE_WIDTH(1000px)より大きい
get_the_post_thumbnail( $post->ID, 'post-thumbnail' );

アイキャッチ画像(=夕焼けの亜像)をヘッダに表示したところ
デフォルト状態の検索フォーム

上記以外の場合は、Twenty Elevenテーマで用意されている画像を表示します。

<img src="<?php header_image(); ?>" width="<?php echo HEADER_IMAGE_WIDTH; ?>" height="<?php echo HEADER_IMAGE_HEIGHT; ?>" alt="" />

header_image()はget_header_image()をechoする関数で、wp-includes/theme.phpに実装されています。

4.検索フォームの出力

検索フォーム

次の部分で検索フォームを出力します。

            <?php
                // Has the text been hidden?
                if ( 'blank' == get_header_textcolor() ) :
            ?>
                <div class="only-search<?php if ( ! empty( $header_image ) ) : ?> with-image<?php endif; ?>">
                <?php get_search_form(); ?>
                </div>
            <?php
                else :
            ?>
                <?php get_search_form(); ?>
            <?php endif; ?>

デフォルトの状態ではページの右上に検索フォームを表示しますが、get_header_textcolor()の結果が「blank」であればdiv要素を挿入して、検索フォームをナビゲーションの右側に出力するようになっています。

デフォルト状態の検索フォーム
デフォルト状態の検索フォーム

「blank」の場合の検索フォーム
「blank」の場合の検索フォーム

get_header_textcolor()はHEADER_TEXTCOLORの値を出力する関数で、wp-includes/theme.phpに実装されています。

wp-includes/theme.php

function get_header_textcolor() {
    $default = defined('HEADER_TEXTCOLOR') ? HEADER_TEXTCOLOR : '';
 
    return get_theme_mod('header_textcolor', $default);
}

HEADER_TEXTCOLORは、テーマのfunctions.phpのtwentyeleven_setup()に定義されています。

function twentyeleven_setup() {
    //...
    define( 'HEADER_TEXTCOLOR', '000' );

twentyeleven_setup()は、functions.phpにある「after_setup_them」フックポイントで起動されます。

add_action( 'after_setup_theme', 'twentyeleven_setup' );

get_theme_mod()は、現在のテーマについて第1パラメータで指定したキーの値(modification value)を取得する関数のようです。キーと値はテーマを切り替えたときにwp_optionsテーブルに保存されるようです。

function get_theme_mod( $name, $default = false ) {
    $mods = get_theme_mods();
 
    if ( isset( $mods[ $name ] ) )
        return apply_filters( "theme_mod_$name", $mods[ $name ] );
 
    return apply_filters( "theme_mod_$name", sprintf( $default, get_template_directory_uri(), get_stylesheet_directory_uri() ) );
}

get_theme_mods()も同じファイルに実装されています。

function get_theme_mods() {
    $theme_slug = get_option( 'stylesheet' );
    if ( false === ( $mods = get_option( "theme_mods_$theme_slug" ) ) ) {
        $theme_name = get_current_theme();
        $mods = get_option( "mods_$theme_name" ); // Deprecated location.
        if ( is_admin() && false !== $mods ) {
            update_option( "theme_mods_$theme_slug", $mods );
            delete_option( "mods_$theme_name" );
        }
    }
    return $mods;
}

get_theme_mods()は取得関数ですが、オプションの設定はadd_option()、更新はupdate_option()、またオプションの削除関数としてremove_theme_mods()があります。add_option()とupdate_option()はwp-includes/functions.phpに実装されています。

テーマの切り替えなどを行うと、これらの関数が実行されるようです。

5.ナビゲーションの出力

ナビゲーション

最後に、次の部分でナビゲーションを出力します。

            <nav id="access" role="navigation">
                <h3 class="assistive-text"><?php _e( 'Main menu', 'twentyeleven' ); ?></h3>
                <?php /*  Allow screen readers / text browsers to skip the navigation menu and get right to the good stuff. */ ?>
                <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#content" title="<?php esc_attr_e( 'Skip to primary content', 'twentyeleven' ); ?>"><?php _e( 'Skip to primary content', 'twentyeleven' ); ?></a></div>
                <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#secondary" title="<?php esc_attr_e( 'Skip to secondary content', 'twentyeleven' ); ?>"><?php _e( 'Skip to secondary content', 'twentyeleven' ); ?></a></div>
                <?php /* Our navigation menu.  If one isn't filled out, wp_nav_menu falls back to wp_page_menu. The menu assiged to the primary position is the one used. If none is assigned, the menu with the lowest ID is used. */ ?>
                <?php wp_nav_menu( array( 'theme_location' => 'primary' ) ); ?>
            </nav><!-- #access -->

以下は出力例です。

<nav id="access" role="navigation">
    <h3 class="assistive-text">メインメニュー</h3>
    <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#content" title="メインコンテンツへ移動">メインコンテンツへ移動</a></div>
    <div class="skip-link"><a class="assistive-text" href="#secondary" title="サブコンテンツへ移動">サブコンテンツへ移動</a></div>
    <div class="menu"><ul><li class="current_page_item"><a href="http://localhost/wordpress321/" title="ホーム">ホーム</a></li><li class="page_item page-item-2"><a href="http://localhost/wordpress321/?page_id=2" title="サンプルページ">サンプルページ</a></li></ul></div>
</nav><!-- #access -->

wp_nav_menu()はナビゲーションメニューを出力するための関数で、wp-includes/nav-menu-template.phpに実装されています(掲載は割愛)。wp_nav_menu()には色々なオプションがありますが、詳細は別途エントリーしたいと思います。

Twenty Elevenテーマでは、テーマ内で使用する場所(ロケーション)を示す「theme_location」のみを設定しています。「theme_location」の値「primary」は、functions.phpにregister_nav_menu()で設定しています。

    // This theme uses wp_nav_menu() in one location.
    register_nav_menu( 'primary', __( 'Primary Menu', 'twentyeleven' ) );

functions.phpにregister_nav_menu()を追加していけば、ロケーションのバリエーションを増やすことができます。

    register_nav_menu( 'secondary', 'フッターメニュー' );

register_nav_menu()で複数のロケーションをまとめて設定することもできます。

register_nav_menus( array(
    'primary' => __( 'Primary Navigation', 'twentyten' ),
    'secondary' => 'フッターメニュー',
    'thirdly' => 'サイドメニュー',
) );

肝心のメニューの内容は、管理画面の「外観」→「メニュー」で設定します。

メニュー

デフォルト状態では何も設定されていないので、先程の「フッターメニュー」用のメニュー内容を作りたい場合は、「メニューの名前」に「フッター」など任意の名称を入力して「メニューを作成」をクリック。

メニューを作成

作成すると左側にメニュー項目として「カスタムリンク」「固定ページ」「カテゴリー」などがアクティブになり、同時に「register_nav_menus」に対応する「テーマの場所(ロケーション)」も表示されます。

テーマの場所

あとはそれぞれのロケーションに作成したメニューを作って「保存」をクリックします。フッターメニューは、テーマの「フッター」に次の記述すれば表示されます。

<?php wp_nav_menu( array( 'theme_location' => 'secondary' ) ); ?>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)