Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ

Posted at October 1,2011 2:55 AM
Tag:[Amazon, Book, Facebook, Google]

9月20日に発売された、株式会社モディファイCEO・小川浩さんの新書の紹介です。

Google+ 次世代SNS戦争のゆくえ (ソフトバンク新書)
小川 浩
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2370

いきなり話はそれますが、小川さんでいつも思い出すのは、ITmedia オルタナティブ・ブログに寄稿して当時バッシングされた「iPhoneバッシング?にもの申す」の中に書かれていた、次の一文です。

僕たちのスタンスはまるで変わらない。3-4年の間に、日本のケータイのプレイヤーの多くはiPhoneやAndroidがもたらす新しいモバイルインターネットに対応を迫られ、日本のケータイの生態系は大きく変わることになるだろう。

記事は2008年9月に書かれたもので、3年が経とうとしています。

書籍の紹介に戻って、ソーシャルネットワークサービスとしては後発であるGoogle+を視点に、ソーシャルネットワークサービスの可能性について、小川さんの鋭い切り口で考察されています。

また、最近のグーグルのモトローラ買収を含めたスマートフォン戦略についても本書で知ることができるでしょう。

以下目次です。

第一章 グーグルが「ソーシャル化」しなければいけない理由
グーグルを憂鬱にさせる二つの企業
トラフィックエンジンとは
マネタイズエンジンとは
ウェブの進化の過程
政治・経済にも影響を与えはじめたソーシャルネットワークサービス
アップルとフェイスブックがもたらすセミクローズドのインターネット
ソーシャルに遅れを取ってきたグーグル
ツイッター対抗のグーグルバズも失敗
インターネットの大きさを把握できなくなったグーグル
グーグルプラスの特徴
フェイスブックとは?
SNSは実名制へ
APIの公開によるプラットフォーム化
第二章 グーグルプラスとは何か
サークル機能の非対称性がグーグル流ソーシャルグラフ
1ヶ月で2500万人を集めたグーグルプラス
人間関係をタグ付けするサークル
グーグルプラスはプリウス同様ハイブリッド戦略に基づいている
アップルとの競合にもハイブリッド戦略で対抗
第三章 ソーシャルストリームでビジネスが変わる
グーグルの全サービスをソーシャル化する「+1」
ソーシャルストリームの換金化 - SMO
SMO版のアドセンス/アドワーズの開発を狙うフェイスブック
検索エンジンの進化とグーグルの登場
ポータルから検索エンジンへ
検索結果連動広告が検索エンジンの事業化への道を拓いた
一番優れた検索エンジンというイメージを維持
Gメールを軸にマイクロソフトの領域を侵食
フェイスブックを研究し尽くしたグーグル
エリック・シュミット元CEOの見方
メールとツイッターに学んだフェイスブック打倒策
グーグルを凌ぐフェイスブックのトラフィックエンジンの実態
グーグルはソーシャルストリームに追いつけるか
第四章 グーグルプラスのライバルたち
さまざまな戦場
ストリームメディア
対位置情報系サービス
対ソーシャルゲーム
対ソーシャルコマース
第五章 スマートフォンとソーシャルメディア
スマートフォンが作る新しいデジタルライフ
グーグルの理想社会の実現を阻む三つの要素
ツイッターをロックオンするグーグルプラス
スマートフォン市場の開国を目指すグーグル
自宅や車もネット化してスマートフォンに接続?
iPhoneは始祖鳥?
ツイッターを取り込むiOS
モトローラを買収したグーグルの狙い
ソーシャルグラフ+GPS
第六章 グーグルと次のウェブ世界
ブラックボックス化する世界
ソーシャルグラフの換金方法
EC業界におけるグーグルプラス
法人向けサービスの実現はいつになるか?
ソーシャルネットワークが生む"ビッグデータ"
ソーシャルモニタリングシステムの必要性
すべての社会生活が瞬時にネットに反映され履歴を残していく世界
クラウド時代のOSはソーシャルネットワーク自体か?
ウェブベースのコンピューティングの復権
緻密化するネットワークとスマートフォンの関係
スマートフォン世代のネットワーク行動
ソーシャルネットワークとスマートフォンが社会全体に影響を与える
ソーシャル化されたウェブこそがウェブ3.0か
ソーシャルと検索、そしてモバイルのハイブリッドトラフィックエンジンへ
グーグルプラスはフェイスブックに勝てるか
神託を告げるのはどちらか?
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)