Facebookが2012年1月1日に予定している変更点について

Facebookが2012年1月1日に予定している変更点について

Posted at December 14,2011 1:23 AM
Tag:[Facebook]

Facebookが2012年1月1日に予定している変更点について、開発者ブログの以下の記事で告知がありました。その中からいくつかの項目について情報展開します。

Platform Updates: Operation Developer Love
Platform Updates: Operation Developer Love

1.FB.Data.*

JavaScript SDK APIの以下のAPIが2012年1月1日からサポート対象外となり、新しいアプリケーションで利用できなくなります。

  • FB.Data.query
  • FB.Data.waitOn

2.FB.Canvas.setAutoResize

以前もこのブログで情報展開しましたが、スクロールバーを非表示にする「FB.Canvas.setAutoResize」が「FB.Canvas.setAutoGrow」にリネームされ、「Fb.Canvas.setAutoResize」はAPIとして削除されます。

関連記事:Facebookアプリで「HTTPS+OAuth2.0」の利用義務付けが始まります&setAutoResize()が使えなくなります

3.FBML

FBMLについても、2012年1月1日からサポート対象外となり、セキュリティとプライバシーに関するバグは修正されません。また、2012年6月1日にFBMLエンドポイントはプラットフォームから削除されます。

ただしソーシャルプラグインのXFBMLは使えるような記載があります。詳細は以下のページをご覧ください(間違ってたらすいません)。

Facebook Markup Language (FBML)
Facebook Markup Language (FBML)

4.Requests 2.0

すべてのアプリケーションにRequest 2.0がオプトインされます。おおざっぱですいませんが機能の詳細は以下の記事を参照ください。

Improvements to Requests 2.0

5.開発者ロードマップ

本題からそれますが、2012年1月1日~6月1日までの開発者ロードマップを抜粋しておきます。テキストをクリックすれば元記事にジャンプします。画像をクリックすれば拡大します(拡大後に右下のアイコンをクリックすれば最大化します)。

Developer Roadmap
開発者ロードマップ

ということで、ロードマップに気をつけて開発を進めましょう。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)