自販機レベルまで温める/冷やすことができる1本用ドリンク・クーラー&ヒーター「MOBICOOL D03AC/DC」

自販機レベルまで温める/冷やすことができる1本用ドリンク・クーラー&ヒーター「MOBICOOL D03AC/DC」

Posted at January 28,2012 12:03 AM
Tag:[Drink]

冬、節電のためか職場が異様に寒く、せめて買ってきた温かい缶コーヒーを温めようと思い購入しました(節電に貢献できなくてすいません)。

当初、USB式の「カップウォーマー」というもので探していたのですが、期待する温度に全く到達しないことが分かりました。

参考:ITmedia - 実験:USBカップウォーマーはどこまで実用的か

ということで、通常の100V電源が利用タイプにしようと思ったのですが、「1本だけを温めるコンパクトなタイプ」というのがなかなか見つからず、ようやく見つかったのがこの1種類のみです。余談ですが、コンビニにある、缶を温める機械のことを業界用語で「缶ウォーマー」と呼ぶらしいです。

購入の決め手になったのは、Amazonのレビューがほとんどなかった代わりに、楽天のレビューでかなり評価が良かったためです。以下のページには2012年1月現在で20件のレビューがありますが、全体で4.2とかなりの高評価です。また、多くのショップで売り切れ・在庫切れというのもありました。

楽天市場 - ポータブルドリンクヒーター&クーラー電気式ホルダーで温め&冷却オフィス・インドア・ドライブ・レジャー用MOBICOOL D03AC/DC

レビューの内容も含めて、「MOBICOOL D03AC/DC」のメリット・デメリットを挙げておきます。

メリット

  • 温・冷ともに自販機並の温度になる(冷やすと水滴がつくくらい、温めると持てないくらい)
  • 高さの異なる缶やペットボトルが利用可能

デメリット

  • 常温から冷やしたり温める場合は時間がかかる
  • 190ml缶は温まりにくい

「ファンの音がうるさい」という評価もありましたが、そうでないという方もいるので製品でばらつきがあるのかもしれません。私の場合、特に気になるレベルではありませんでした。

なお、この製品の温冷機能は「ペルチェ式」というもので、環境に良くないフロンガスが発生することはありません。さらにアルミマグカップが付属でついているので、自分で淹れた珈琲や他の飲料を保温するのにも使えそうです。

以下、製品仕様です(ドリンク・クーラー D03AC/DCより引用)。

機能 冷却・加熱
容量 350mL、500mL缶
同様サイズのペットボトル等もOKです。
電源 12VDC
消費電力 最大20W
保冷/保温方式 ペルチェ式
保冷/保温温度 冷却:外気温マイナス最大22℃
加熱:最大60℃(いずれも外気温による)
付属品 アルミマグカップ、AC/DCアダプター付きAC電源ケーブル、シガーオスプラグ付きDC電源ケーブル、
サイズ 145 x 110 x 130mm
重量 600g

ちなみに到着した品物はすべて英語か他の外国語で書かれていました(もちろん国内で使えます)。

2012年1月現在では、Amazonといくつかのオンラインショップで購入可能です。売り切れているショップも再入荷されるのかもしれませんが、気になる方はお早めにどうぞ。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)