Movable Typeのブログ記事から削除したカテゴリのアーカイブページを再構築する「DeleteCategoryRebuilderプラグイン」

Movable Typeのブログ記事から削除したカテゴリのアーカイブページを再構築する「DeleteCategoryRebuilderプラグイン」

Posted at February 28,2012 1:55 AM
Tag:[DeleteCategoryRebuilder, MovableType, Plugin]

Movable Typeのブログ記事から削除したカテゴリのアーカイブページを再構築する「DeleteCategoryRebuilderプラグイン」を公開します。

1.基本

Movable Typeでは、ブログ記事にカテゴリを割り当てて投稿すると、カテゴリアーカイブページが生成され、該当のブログ記事が掲載されます。

ただしその後、ブログ記事からカテゴリを削除して更新しても、カテゴリアーカイブページから該当のブログ記事は削除されません。

2.機能

本プラグインを適用すれば、ブログ記事更新時に削除カテゴリがある場合、該当カテゴリのアーカイブページを再構築し、ブログ記事をカテゴリアーカイブページから削除します。またオプション機能で、削除したカテゴリの親カテゴリアーカイブも再構築対象にすることができます。

削除カテゴリの有無は、ブログ記事のリビジョンから取得して判断します。ブログ記事更新時のカテゴリIDと更新履歴の直近の公開状態(下書きなどは対象外)のカテゴリを比較し、削除されたすべてのカテゴリのカテゴリアーカイブを再構築します。

3.価格

MT5.1版:3000円/1インストールMT(税抜き)

購入前に評価版で必ず動作確認してください。確認後、上記の購入ボタンより入金いただければ、製品版を別途メールでお送りします。銀行振り込みを希望される方はお問い合わせのページよりご連絡ください(お振込み手数料はご負担願います)。

4.評価版プラグインのインストール

下記のリンクをクリックして、評価版のプラグインアーカイブをダウンロードします。

DeleteCategoryRebuilder_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、中にあるDeleteCategoryRebuilderフォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「DeleteCategoryRebuilder~」が表示されればインストール完了です。

システム管理画面のプラグイン設定画面

評価版は30日無償でご利用になれます。残り日数はシステム管理画面のプラグイン設定画面より確認できます。

システム管理画面のプラグイン設定画面

5.親カテゴリのカテゴリアーカイブも再構築する

削除カテゴリの親カテゴリのカテゴリアーカイブも再構築対象にしたい場合、システム管理画面のプラグイン設定画面の「削除したカテゴリの親カテゴリを再帰的に再構築する」にチェックを入れて保存してください。

システム管理画面のプラグイン設定画面

6.注意事項

更新履歴がない状態でカテゴリを削除しても、カテゴリアーカイブページから該当ブログ記事が削除されないケースがあります。

たとえばブログ記事のインポートを行った直後に再構築し、そのあとブログ記事からカテゴリを削除して更新しても、インポート直後のブログ記事には更新履歴が存在しないため、本機能の適用対象外となります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)