Movable Typeで作成したインデックステンプレートに識別子を設定できる「IndexTemplateIdentifierプラグイン」

Movable Typeで作成したインデックステンプレートに識別子を設定できる「IndexTemplateIdentifierプラグイン」

Posted at March 22,2012 12:03 AM
Tag:[IndexTemplateIdentifier, MovableType, Plugin]

Movable Typeで作成したインデックステンプレートに識別子を設定できる「IndexTemplateIdentifierプラグイン」を公開します。

1.基本

Movable TypeではMTIncludeというテンプレートタグが用意されています。

このテンプレートタグを利用すれば、テンプレートモジュールや外部ファイルなどをインクルードすることができることはご存知と思われますが、次のようにidentifierモディファイアを使えば、任意のインデックステンプレートをインクルードすることができます。

<$mt:include identifier="foo"$>

identifierに設定する値は、インデックステンプレート編集画面に表示されている「テンプレートの種類」のカッコ内にある英数字部分(=識別子)です。

メインページのオプション画面
テンプレートの種類

たとえばメインページをインクルードしたい場合、MTIncludeタグのidentifierに「main_index」を設定します。

<$mt:include identifier="main_index"$>

2.問題点

識別子を利用できるのは、テーマ(またはテンプレートセット)を適用した時点で登録されているインデックステンプレートのみで、インデックステンプレートを新規作成した場合、「テンプレートの種類」から「カスタムインデックステンプレート」しか選択できず、識別子を与えることができません。

インデックステンプレート新規作成時のオプション画面
カスタムインデックステンプレート

3.プラグインの機能

IndexTemplateIdentifierプラグインを適用すれば、インデックステンプレート作成時に任意の識別子を設定することができるようになります。このフィールドは「テンプレートの種類」で「カスタムインデックステンプレート」を選択している場合のみ表示されます。

インデックステンプレート新規作成時のオプション画面(プラグイン適用後)
カスタムインデックステンプレートの識別子

すでに登録しているインデックステンプレートについても識別子を設定することができます。

4.MTIncludeタグによるインクルードについて

カスタムインデックステンプレートに識別子を設定することで、新規作成したインデックステンプレートについてもMTIncludeタグでインクルードできるようになります。

もう少し説明すると、インデックステンプレートを使ってファイルを出力し、そのファイルをMTIncludeタグにfileモディファイアを使ってインクルードすることもできます。

<$mt:include file="foo.html"$>

ただし、MT5.13からセキュリティが強化された関係で、fileモディファイアを使ったインクルードに制限がかかりました(テンプレート編集権限のあるユーザが任意の外部ファイルをインクルードできないようにするため)。制限を解除するには環境変数AllowFileIncludeの設定を行えばいいのですが、セキュリティ上、好ましい対処ではありません。

identifierモディファイアではインデックステンプレートのみインクルードする機能なので、このモディファイアを利用すればセキュリティ面で制限を受けることもなく安全です。また、スタティックパブリッシング・ダイナミックパブリッシングのいずれでも利用可能です。

ということで、個人的にはこの方法によるインクルードをお勧めします(認識誤りがありましたらご指摘ください)。

5.価格

MT5.1版:1000円/1インストールMT(税抜き、動作確認後、購入してください)

6.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

IndexTemplateIdentifier_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、中にあるIndexTemplateIdentifierフォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「IndexTemplateIdentifier~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

7.注意事項

設定できるのは半角英数文字のみです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)