ブラウザの幅にあわせてフォントサイズを拡大・縮小するjQueryプラグイン「FitText」

ブラウザの幅にあわせてフォントサイズを拡大・縮小するjQueryプラグイン「FitText」

Posted at April 10,2012 1:55 AM
Tag:[FitText, jQuery, Plugin]

ブラウザの幅にあわせてフォントサイズを拡大・縮小するjQueryプラグイン「FitText」を紹介します。

FitText
FitText

ウェブサイトをPC・スマホ・タブレットなど色々なサイズのディスプレイに対応させるときに便利そうです。

1.サンプル

上記の配布サイト自体がサンプルになっていますが、ためしに作ってみました。

サンプル
サンプル

ブラウザの幅を変更するとタイトルの「FitTextサンプル」の部分が拡大・縮小します。

以下、具体的な設定方法です。

2.FitTextのダウンロード

FitText」のページにある、「Download on Github」をクリック。

Download on Github

「ZIP」をクリック。これでダウンロードが開始します。

Github

ダウンロードしたアーカイブを展開した中にあるjquery.fittext.jsを任意の位置にアップロードします。

3.FitTextの設定

次のHTMLを拡大・縮小の対象にしてみます。

<h1>FitTextサンプル</h1>

まず、jQueryとjquery.fittext.jsを読み込みます。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7/jquery.min.js"></script>
<script src="jquery.fittext.js"></script>

jquery.fittext.jsの起動は次のように記述します。

<script>
$(function(){
    $("h1").fitText(1.2);
});
</script>

fitText()のパラメータのデフォルト値は「1」です。「1」よりも値を大きくすると文字の圧縮率が大きくなり、「1」より小さくすると圧縮率が低くなります。

また次のように設定すれば、最小フォントサイズと最大フォントサイズを指定することもできます。

<script>
$(function(){
    $("h1").fitText(1.2, { 
        minFontSize: '20px',
        maxFontSize: '40px'
    })
});
</script>

minFontSizeが最小フォントサイズ、maxFontSizeが最大フォントサイズです。

ここではh1要素のみを例にしましたが、対象の要素を親要素で括るときは、親要素にwidthプロパティを%指定する必要があるようです(タイトルでは「ブラウザの幅にあわせる」と書きましたが、厳密には親要素の幅にあわせて拡大・縮小します)。

<div style="width:100%">
    <h1>FitTextサンプル</h1>
</div>

%指定をすればOKなので、「100%」以外の値でも動作します。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)