Google ChromeでサイトパフォーマンスのボトルネックをチェックできるChrome拡張「PageSpeed」

Google ChromeでサイトパフォーマンスのボトルネックをチェックできるChrome拡張「PageSpeed」

Posted at May 31,2012 11:55 PM
Tag:[Chrome, Extension, Google, PageSpeed]

Google ChromeでサイトパフォーマンスのボトルネックをチェックできるChrome拡張「PageSpeed」を紹介します。

PageSpeed

この拡張を利用すれば、「ブラウザのキャッシュを活用する・圧縮を有効にする・CSSスプライトに画像をまとめる」といったパフォーマンスの最適化のための項目や、その詳細なデータを確認することができます。

最適化のための詳細データ

1.インストール

Using PageSpeed Insights for Google Chromeのページにある「Install PageSpeed Insights」またはその左のアイコンをクリック。

Using PageSpeed Insights for Google Chrome

ページ右側にある「CHROMEに追加」をクリック。

CHROMEに追加

「追加」をクリック。これでインストールが開始します。

ダイアログ

インストールが完了しました。

CHROMEに追加

2.使い方

Windowsの場合、測定したいページを表示した状態で「F12」をクリックして、表示されたデベロッパーツールの右側にある「PageSpeed」をクリック。

デベロッパーツール

「分析」をクリック。

PageSpeed

分析が開始します。

分析

分析結果です。中央には提案の概要、左側には優先度(高・中・低)別の対策が表示されます。

分析結果

左側の項目をクリックすれば、詳細な情報が中央に表示されます。

詳細な情報

以前のバージョンではスコア(100点満点で何点か)も表示されていたようですが、確認したバージョンではその表示はありませんでした。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)