英語の住所に変換してくれるサービス「JuDress」

英語の住所に変換してくれるサービス「JuDress」

Posted at July 7,2012 12:03 AM
Tag:[Address, Service]

海外サービスを利用して商品を発送してもらうとき、自分の住所を英語で入力フォームに記入することがあると思いますが、英語に馴染みがないと「書き方がよく分からない」と思う方が多いのではないでしょうか。

日本の住所を英語の住所に変換してくれるサービス「JuDress」をみつけたので紹介します。

JuDress
JuDress

使い方はいたって簡単で、トップページに表示されている「郵便番号」に郵便番号を入力して「住所検索」をクリック。

郵便番号を入力

これで都道府県と住所が自動的に設定されます。あとは「番地・建物名等」に必要な情報を入力します。

都道府県と住所が設定

すべて入力したあと、「実用的に変換」をクリックすれば、英語の住所がその下に表示されます。

(クリックで拡大)
実用的に変換

「Stylishに変換」をクリックすれば、漢字が1文字ずつ英語に変換された形で表示されます。こちらは実用性ありませんのでご注意ください。

(クリックで拡大)
Stylishに変換

以上です。

英語の住所になれてない方は、このサイトをブックマークしておくと便利かもしれません。

2012.10.03
本文を修正しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)