ファイルアップロード後にPHPでファイルサイズを取得する

ファイルアップロード後にPHPでファイルサイズを取得する

Posted at September 9,2012 12:03 AM
Tag:[PHP]

ファイルアップロード後にPHPでファイルサイズを取得する方法を調べました。備忘録として本エントリーで紹介します。

1.利用シーン

アップロードしたファイルのサイズが一定サイズを超えている場合にエラーを返却する場合などに利用します。

サンプルも用意しました。

アップロードしたファイルサイズを取得するサンプル
アップロードしたファイルサイズを取得するサンプル

サンプルは取得したサイズをそのまま同じページに表示するようにしています。

2.フォームデータからファイルサイズを取得するPHPコード

まず、PHPでファイルのフォームデータを参照するには次のように記述します。

$_FILES['name属性値']['tmp_name']

「$_FILE」は、アップロードされたファイル情報が連想配列で格納される変数です。

また、「tmp_name」は、テンポラリファイル名で、アップロードされたファイルが一時的に保存されたファイルパスです。

さらに、ファイルサイズを取得するには、次のように記述します。

$filesize = filesize( $_FILES['name属性値']['tmp_name'] );

サンプルコードも掲載しておきます。

クライアント(index.html)

<form enctype="multipart/form-data" method="post" action="hoge.php" name="foo" id="foo">
  <input type="file" name="bar" />
  <input type="submit" value="送信" />
</form>

サーバ(hoge.php)

<?php
if ( $_FILES['bar']['tmp_name'] ) {
    $filesize = filesize( $_FILES['bar']['tmp_name'] );
    // チェック処理など
}
?>

「$_FILE」ではアップロードファイル名やMIMEタイプなど、他の情報も取得できますが本エントリーの目的から外れるので割愛します。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)